MM編集部とその周辺。

梅田香子 ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

スキー・スケート地案内

ヤフオクでゲットしたものです。 深い意味はなく、ただながめていると楽しいだけ。

尾崎秀実伝 ~第6章 思想改革~

スキャナーの調子が悪く、間があいてしまいました。 帝国大学で学生生活を終えつつある尾崎。当時の多くの大学生が興味をもったようにマルクスにはまっていきます。

ロバート・ジョンソンの3枚目の未公開写真

ロバート・ジョンソンの3枚目の未公開写真が発表されたと、世界中で話題になっています。 ロバート・ジョンソンといえば、エリック・クラプトンをはじめ、ロックギタリストに影響を与えた伝説のブルースマン。2011年にはなんと生誕100年を迎えています。 ク…

エクソシスト?Magic of of The Exorcist

Help me! That's about it! Thanks! エクソシスト? magic of The Exorcist

~旧満州における疫病との死闘~檀一雄「青春放浪」を読む~

文壇デビュー(?)とやらを果たし、編集者に新宿のゴールデン街に連れていってもらったのは1987年。 「ここが檀通りといわれてね、檀一雄さんの行きつけの店が多かったんだよ」 22歳の私は檀一雄は映画「火宅の人」でしか知りません。 後年、重度の障害児を…

【まとめ】長女のペイント作品(随時アップ!)

長女は2部屋めのペイントに挑戦するそうです。どうなりますことやら。(写真は随時たしていきます。あとで見やすくするため。) もともとはこういう部屋です。 IKEAで購入したというドピンクの棚にあわせて、「おちついた色にぬりなさい」と助言したのですが…

日本史における武漢

武漢といえば、実は日本とは縁が深い土地だ。 第2次アヘン戦争の後、1858年の天津条約で、武漢市の一部、漢口(今は自治体としては「漢口」はなくなり、単なる地名となっている)が開港された。ここにイギリスを中心に、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア…

ワードサーチの遊び方(無料ダウンロード英語教材)

ワードサーチというのは、北米の幼稚園や小学校ではおなじみ。英単語を正確におぼえるための教材プリントです。 フリーのものと私が自分が経営している塾用に作ったものを5点、下に用意してみました。 無料でダウンロードして印刷してみてください。 Word S…

星野監督の替え歌

亡き星野監督と近かった方の書きおろし「夢の途中~星野仙一監督と共に41年~」という本が出版される予定。 私は「あとがき」を書いている。 それで思い出した。あの当時ドラゴンズ関係者の間ではやった替え歌のこと。 参謀の島野育夫コーチがカラオケマイク…

どらえもん絵かき歌(英語版)

Drow a circle and a dot Drow a circle and a dot This beasn's growing A plant pot A plant pot On June 6th UFO is Flying over here Flying over there Finally dropping down Suddenly two ponds're appearing When we floated a boat there, Crescent…

尾崎秀実伝 ~第5章 疾風怒濤~

帝大3年になると、10月の高等文官試験を受ける準備をはじめます。冷房がなかった時代、涼しい避暑地で勉強の合宿を自主的にもつ学生が多かったようです。尾崎もその人でした。ところが、彼は激しい恋におちます。 長野と群馬の県境、碓氷峠に家を借りました…

尾崎秀実伝~第4章 東京帝国大学~

元朝日新聞の記者、ゾルゲ事件で処刑された尾崎秀実伝のつづきです。 東大だけではなく、東京外語大の夜学の専修科も受験したそうです。フランス語を勉強したかったとか。受験の後も勉強はつづけたのでフランス語の読み書きはできるようになります。 ロシア…

あまり人には教えたくない温泉

月末や年末は超いそがしいので、ほとんど忘年会はいけませんでした。 新年会はどんどんやります。牡蠣は今の季節が最高ですよね。 知り合いのテレビ局の社長さん、お風呂で本を読むのが好きなんだそうです。 実は私も好き。でも、うちは夫が口やかましい。 …

あまり人には教えたくない回転寿司

釣った魚を買い取ってくれる寿司屋さん。https://t.co/nVhbRPV74o— Yoko Umeda⚾️「スポーツ・エージェント」(文春新書) (@yokoumeda) 2020年1月8日 松山市内ではなく、自転車で行けるぐらい離れた住宅地にある回転寿司。よく行きます。というのも、ここは…

怒りの年賀状

年末年始ほとんど日本にいたことない私。いろいろ戸惑っています。 お中元とお歳暮ってもう死語かと思っていたのに、夫は工務店なので来るわ来るわ、一部屋うまっています。ビールとカレンダーがいちばん多いです。コレドウヤッテオカエシスレバイイノ? 毎…