MM編集部とその周辺。

梅田香子 ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

フィギュアスケート

平成19年全日本フィギュアスケートノービス選手権etc

オリンピックにしても全日本選手権にしても、もともとは大きな規模の運動会にすぎない、というのが私の持論です。 これを書くと、「それでもスポーツジャーナリストなのか」とくる。「フィギュアスケートを知っているのか」とやかましい。 でも、私はこの持…

秋篠宮佳子さまと級テストのお話

このつづきです。 mmcompany.hatenablog.com 週刊文春の秋篠宮佳子さまの記事は、少しだけ首をかしげてしまいました。どうも日本のフィギュアスケートの級を理解できていなかったようです。 スプリングトロフィーに優勝するほどの実力ゆえ、人から妬みをかっ…

秋篠宮家とフィギュアスケートのお話

「週刊文春」に秋篠宮佳子さまのフィギュアスケートのことが載っていました。面白くもなつかしく読みました。 というのも、練習やテストで何度か一緒になりました。 妹の子が佳子さまとは誕生日が近く、私の長女はその子と2か月違い。シカゴで生まれたので…

【2008年再録】MLBとフィギュアスケートのお話

ふと見たら2008年4月にこんなことを書いていました。以下は再録です。あの頃と比べると、状況は少しましなっているのかもしれません。 怒るを通りこして、あきれた。 試案をみると、大阪府は臨海スケートリンクセンターとか、いろいろな文化施設をぶっつぶ…

長洲未来選手のお店に行った話

長洲未来選手のご両親は、日本食レストランKiyosuzu を経営されています。未来ちゃんは一人っ子。ほとんど休みなく営業しているので、子供の頃はこの店の控え室ですごし、親たちと一緒に帰宅していました。 youtu.be めったに取材には応じない、シャイなご両…

スケートドレスの縫い方を教えたお話

先日、「スケートドレスの縫い方を教えて」という人がいたので、うちで布を広げました。それはもう楽しかったです。 長女も「私も縫いたい。教えて」というので、途中まで過程を写真に撮っていたのです。が、夢中になると忘れてしまいました。いつも食べてか…

スケートのコスチュームを縫うお話(布編)

塾のほうで(英会話&マスコミ受験&学習塾なのにw)、「縫い方を教えて」というママさんが現れました。まあ、場所はとりません。というか、やっぱりドレス作りはエキサイティング!はまります。 さっそく型紙をさがしたところ、この値段にびっくり。2万円…

スケートのコスチュームを縫う話(普通ミシン編)

カタリーナ・ビッドの時代、だいたい選手本人が作っていました。ビッドのライバルだったデビ・トーマスは他の選手の分もつくって、自分のスケート代に当てたそうです。この方はスタンフォード大の後、シカゴの超名門ノースウェスタン大学院をでて、医者にな…

福岡でつい家を買ってしまった話 その1

古い紙類を整理していたら、福岡のスケート場パピオの案内がでてきました。スケート場です。2005年のものなので古い情報ばかりです。裏かえしたら、自閉症関連のインフォメーションがびっしり書き込まれています。 手が震えて、目のまわりが熱くなりまし…

ビールマンスピンへの思い

またまたしつこくタマラ本です。何度も読み返しています。写真なんか貴重なものが多く、タマラの若いときのスパイラルの美しさといったら・・・言葉がありません。 表紙も好き。ついうっとり見とれてしまいます。 ペアのコーチなのに、なぜビールマンスピン…

フィギュア・ペア大国ロシアの偉大なるコーチ タマラ・モスクヴィナ

今のロシアはフィギュアスケートにおいて、やはり最高水準にあるのかもしれません。 選手たちはもちろん、最高の指導者たち、最高のスケート環境、最高のサポーターたち。 もちろんロシアとてずっと恵まれた環境にあったわけではありません。ソ連が崩壊した…

4回転ジャンプとフェデエフ

これを読んだ方はおわかりのように、私が住むシカゴはロシア人の移民が多かったのです。 mmcompany.hatenablog.com ソ連からロシアに変わった後、国内のスケート環境が悪化した時期があります。その前から、亡命者もあいつぐようになりました。 ソルトレイク…

グレーシー・ゴールドの復活

グレーシー・ゴールドの復活を祝福したい。てっきりスケート年齢が羽生選手と同じかと思っていたけれど、8か月違いでした。長女と同じ世代なので、何度か同じ試合にも出ていました。 8歳といえば、羽生選手はノービスで試合に出ていた頃、グレーシーはフィ…

2005年のなんだか豪華な夏休み

アメリカの夏休みは3か月と長いのです。なので、お金がかかる~という悲鳴があちこちから聞かれます。 経済的にはシングルマザーだったあの頃、私は万年寝不足でほとんど記憶に残っていません。たまたま2005年の写真が古いパソコンからでてきました。 …

テクニカル・スペシャリストの話

NHK杯の審判席で、なつかしい顔をみつけました。 テクニカル・スペシャリスト。wikiで探索したら、日本語も英語もなんだかパソコン関係がでてきました。私が知りたかったのはフィギュアスケート用語としてのテクニカル・スペシャリストです。 まだ歴史が浅く…

バイリンガル長女のお仕事

朝5時に起きて、お仕事中の長女です。 もう店が写真アップしたから、よいでしょう。 ダルビッシュさま、ご来店。 長女は味噌を世界に広めようという、という会社でマネージャー職。シカゴでだと、カブスの球場近くに来年3号店がオープンする味噌ラーメンの…

トリプルアクセルと朽木久先生の話

この動画。サーシ朽木先生こと、朽木久先生の若いとき、ティファニー・チンを教えているところがでてきます。竹刀みたいなの2本もって。 www.youtube.com ロサンゼルスを拠点とし、長洲未来選手も育てました。 ティファニー・チンのトリプルアクセル。けれ…

ジェイソン・ブラウンがヤグディンだった話

かわいいから、プロフォトから購入しておこうw(アメリカの地方大会を撮影しているフォトエージェンシー)これはウィスコンシンの試合。写真はプロフォトなので転用しないでね。 ジェイソン・ブラウンがむかーし、ヤグディンだった頃・・・wそっくり同じコ…