MM編集部とその周辺。
スポーツライター梅田香子の日常を日本語でメモ代わりに綴ったものです。

吉井理人投手の思い出

 

 デジカメが普及する前、どうやって写真を電送していたかというと、まずお風呂のお湯を熱くするか、ホテルのフロントに頼むかして、お湯を手にいれて、フィルムを現像キッド。→ それを地方にあるAP通信社をさがし、もっていって電送してもらう。or あるいは電送機。これカラーだとトランク一個分ぐらいのでかい機械でした。600万円ぐらいしたみたい。

  

 試合が終わった後、AP通信社をさがすのが、カーナビない時代、どれだけ大変で危なかったか。思い出すのも、もういやになります。

 

 ばいなう