MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

車いすの政治家、鳩山一郎のお話

 この写真の中に鳩山一郎さんもいるような気がするのです。

 でも、来栖さん鮎川さんしか私にはわかりません。

 私がコピーを所有しているので、詳しい方はツイッターでDMくださいませ。拡大したものを送ります。

f:id:mmcompany:20190722131912j:plain

 車椅子の政治家。ぽんとひらめくのは、ルーズベルト大統領と鳩山一郎です。

 政治経済には詳しくないのに、しつこく昭和おたくな私。

 理由は星野監督の最初のマネージメント事務所が首相官邸の裏あたり、星野扶沙子夫人の実家がそこにあったからです。今でも都立日比谷高校の裏門あたりにありますよ。来栖ビル。

 次の写真は来栖三郎さんと息子のボブです。私は星野監督にちょっと似ているので、「神宮の恋」におちたのでは・・・と確信に近い思い入れ。当人たちはけらけら笑って、「ばかいうんじゃないよ」と言っていましたが。

 

 似てませんかね?

f:id:mmcompany:20190722132155j:plain

 来栖三郎は5か国を習得し、東郷茂徳、重光葵らと外務省三羽烏と呼ばれていました。
 ドイツ大使のときはヒトラー、米国ではルーズベスト大統領とハル国務長官の両方と通訳ぬきで、話しをすることができたのです。
 真珠湾攻撃の当日まで、野村吉三郎大使と共にワシントンで日米交渉。そのまま捕虜生活に入りました。

 来栖家は近衛文麿邸の隣、軽井沢では鳩山一郎と隣人でした。
 鳩山はベルリン五輪のとき広田首相に頼まれて、ヒトラーとも会談しています。が、鳩山は東条英機とぶつかります。

 なので、戦争中の鳩山は議員をやめ、もっぱら軽井沢で野菜作りの日々でした。

 これが自伝によると、かなり楽しかったようです。


 「シカゴサンタイムス」のピーター・ゲインの「ニッポン日記」にはこんなエピソードがでてきます。

 来栖家の娘たちもせっせと野菜を作ります。

 鳩山一郎が「馬糞が肥料にいい」とアドバイス、娘たちは朝早く起きて馬糞を拾いにいきます。でも、ありません。なので次の日はもっと早く起きます。

 そしたら当の鳩山が馬糞を拾っているところでした。


「まあ、鳩山のおじさまだったんですね!」
「ふふふ、だから、馬糞がいいと言ったでしょう」


 そう言って、鳩山はたくさんの野菜をもたせてくれました。

 終戦の12月には来栖扶沙子さんが生まれています。

 そこから先は近現代史どおり。

f:id:mmcompany:20190722133907j:plain


 受験には役だちませんが、個人的には麻生和子著「父 吉田茂」がおすすめ。面白いです。226事件のとき、彼女がとった勇ましい行動がすばらしい。

 和子さんは飯塚スケートリンクに近い豪邸に嫁入りした吉田茂の娘です。

 戦後、吉田内閣では英語に堪能な秘書官として、夫の麻生多賀吉と共に活動します。「昭和の淀君」とも呼ばれていました。

 長男の麻生太郎は運動神経がよく、もともとはスピードスケートで五輪出場をめざしていたそうです。

 1946年の総選挙で、日本自由党が第一党になり、鳩山総裁が総理大臣・・・となるはずでした。ところが、土壇場で日本を占領していた総司令官マッカーサーが待ったをかけます。

 というのも、話しは戦前にさかのぼります。鳩山はベルリン五輪を見に行った際、広田弘毅に頼まれてヒトラーと会談していました。そのときの著作にナチスドイツのことをほめた箇所があり、そんなかんやで公職追放を食らうのです。

 鳩山が追放され、棚ぼたで誕生したのは、第一次吉田茂内閣でした。

 1951年に公職追放が説かれたとき、鳩山は脳溢血で倒れた直後でしたた。

 ともあれ、1952年からは車椅子で議員として復帰しています。

 戦前までは吉田茂とは仲が良かったのです。ロンドンの動物園にいって、サル山をみながら、「これが来栖、こっちが鳩こう・・」なんてやっています。

 ところが、戦後はじょじょに対立を深めていきます。

 吉田は再軍備反対。

 鳩山は改憲と再軍備を主張。

 鳩山は日本民主党を結党。1955年12月10日、ついに鳩山が総理大臣になります。

 このとき官邸には別な玄関と車椅子用のスロープが作られたそうです。
 ばいなう。