MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

鳩山総理大臣と脳梗塞のお話

 この捕捉です。

 1957年の「文芸春秋」です。まだ私は生まれていません。父と母もまだ出会っていなかったはず。おそらく私が古本屋かヤフオクで買ったもの。

f:id:mmcompany:20190726132411j:plain


 もくじが濃いです。

f:id:mmcompany:20190726132428j:plain

 鳩山一郎さんはゴルフやテニスが大好き。書記官だった時代は首相官邸の運転手たちと、しょっちゅう公務中にぬけだして、プレーしていたそうです。

 戦後は首相の座を目前としながら、突然の脳梗塞でほとんど寝たきり。左半身の麻痺は残ったものの、車椅子や杖で立てるようになりました。

 ただ当時はまだ折りたたみ式の車椅子がありません。付き添え人は一人ではなく、2人か3人が常駐していたそうです。

 新聞社は申し合わせ、抱きかかえられ、移動しているところは撮影しませんでした。

 今とはカメラマンの数も違います。

 この手記を読むと、鳩山さんの脳梗塞も、トイレで突然なのですね。

 やっぱり脳梗塞はトイレと風呂場が要注意のようです。

 6月だったらそれほど温度差はなかったと思います。

 ストレスもよくなかったのでしょう。

f:id:mmcompany:20190726132641j:plain

f:id:mmcompany:20190726132510j:plain


 復帰後は重光葵、岸信介たちと民主党を結成します。吉田は護憲派で、鳩山、重光、岸は憲法改正派だったので、意見があうわけもありません。

 その後のことは私はそんなに詳しくありません。 小学生のときから、スポーツ新聞しか読まず、そのまま大人になってしまいました。

 鳩山由紀夫さんが総理大臣になったとき、麻生太郎さんから政権を奪った形になりましたね。2人ともそれぞれ鳩山一郎の孫、吉田茂の孫。

 娘が福岡の飯塚でフィギュアスケートをやっていたので、それぐらいは知っています。

 

 Bye Now