MM編集部とその周辺。

梅田香子 ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

クリスマスと暖炉の話

  アメリカは車社会です。夕方5時以降、子供だけでの外出は多くの州で禁止しています。日本に来たばかりの頃、塾に行く子たちが夜いるのを見て、すごく驚いていました。

「シカゴなら逮捕されちゃうね」
「親もセットでね(笑)」

 そのせいなのか、日本式のコンビニがはやりません。
 子どもだけでちょっとしたお菓子を買う習慣がないのです。
 コストコでまとめ買いして、きれいな飾り皿にだしておいたり、ジップバックに分けたものをスケート場にもってきている子供が多かったです。

f:id:mmcompany:20181209163340j:plain
 さて、アメリカの子供たちは15歳ぐらいまで、サンタクロースをかなり本気で信じているようです。
 小学校ではサンタクロースにEメールを書いて、パソコンで送る作業も習っていました。
 担任が「トナカイのえさ」をくばり、当日は庭に巻くように指導します。 トナカイのエサをみせてもらうと、大麦にキラキラ光る粉を混ぜただけのように見えます。

 一戸建てはだいたい暖炉があります。
 ちゃんと使えますが、あくまでインテリアです。セントラルヒーティングだから暖房としては使いません。いつだったか停電のとき、薪をくべて火を入れましたが、家全体までは温まりません。昔の人はえらかった!

 使わないのに、コンドミニアムでも暖炉はあったりしますから、日本でいう床の間なのでしょう。あると気持ちがおちつきます。
 
 クリスマスイブになると、長女はここにずらずらと宿題や公文やスケートの試合でもらったトロフィーを並べていました。サンタへの手紙も長い長い。自分がこの1年どれだけ努力したかが(英語で)書き綴ってあります。日ごろはシャイな子だったので、こんなことを考えていたのか、とびっくりします。
 ちゃんとプレゼントをもらえるかどうか、はらはらしているのがわかります。

 福岡の家は暖炉なんてありません。下見に行ったとき、うれしそうにぐるぐると走りまわり、「サザエさんのうちに似ているねえ!」と言ったので、即購入を決めました。

 すぐにクリスマスが来たので、こんなふうにレンガを積んでみました。

f:id:mmcompany:20181204133305j:plain

f:id:mmcompany:20181204133319j:plain

f:id:mmcompany:20181204133321j:plain

f:id:mmcompany:20181204133315j:plain

 ただ日本の場合はなぜかクリスマス=フィギュアスケートの全日本なのです。某男子が「スケート知らねえ女と付き合うと説明に苦労する」とぼやいていました。
 
 なので、気持ちが全日本に飛んでしまいます。出場を逃しても応援があります!(取材もありましたw)

f:id:mmcompany:20181204133340j:plain

 この暖炉をクリスマスに使ったのかどうか、記憶力が悪い私はさっぱり覚えていないのです。

 この暖炉もどきだけは写真が残っているから、ときどき思い出しています。ネット広告でもよく暖炉がでてくるので、私もいろいろ探したことがあるのでしょう。

 ロンドンでは暖炉に火を入れることは禁止されたそうです。それでもやっぱりクリスマスシーズンには暖炉はつきもの。火がちらちらと見えると暖かく感じるし、気持ちがおちつきます。
 亡くなった姑が体温をコントロールできなくなっていて、エアコンを嫌って灯油ストーブを置きたがっていました。でも、ごみがあふれた部屋では危ないので、要注意です。隣の家まで焼いてしまった知人もいます。
 ニトリで最近は火がちらちら動くストーブを見かけます。あれは買ってあげたかったなぁ。