MM編集部とその周辺。

梅田香子のMM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

ジェイソン・ブラウンがヤグディンだった話

f:id:mmcompany:20181103001119j:plain

かわいいから、プロフォトから購入しておこうw(アメリカの地方大会を撮影しているフォトエージェンシー)これはウィスコンシンの試合。写真はプロフォトなので転用しないでね。

 

ジェイソン・ブラウンがむかーし、ヤグディンだった頃・・・wそっくり同じコスチュームでしょ。

 

www.youtube.com

 

このとき2位のライアン・サンティーはデビッド・サンティーの兄の長男。スケート一家です。

今はディズニー・オン・アイスで王子様役やっています。この動画にちらっとでてくる男の子です。うるさいぐらい私の長女がでてきますが、ホームビデオですから!早朝練習の雰囲気が伝わってくるでしょう。

 

www.youtube.com

ジェイソンのスケートリンクはここではなく、もうちょっと郊外の双子リンクで、そこも多いときは週5回ぐらい通っていました。 

 

ジェイソンは今季から、コーチをブライアン・オーサーに変え、拠点をカナダに移しました。

 今もときどきシカゴにもどってきて、チェリティ活動をしています。長女たちもそういうときは手伝っています。

 

ともかくジェイソンは去年までコーチを替えたことがなく、コーリ・アベ一筋だったのです。これはアメリカでは非常に珍しく、普通は子供から大人になるとき、少なくとも1回、ほとんどの選手が何度かコーチを替えています。

なのに、ジェイソンはずっとコーリ。髪型もずっと小さいときから、ポニーテール一筋。彼には幼い頃から、そういう1本ぴーんと筋がとおったところがあり、カリスマ性も備わっていました。

リンクにたいてい愛犬をつれてきていて、リースなしでもおとなしく寝転んで、ジェイソンの練習を見守っていました。笑い方が2人ともそっくり!

 

思い出話はつきません。またいつか別な機会に!