MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

車いすの総理大臣と外務大臣

f:id:mmcompany:20190724091445j:plain

 当時の義足は鉄で、10キロぐらいありました。
 ミゾーリ号で降伏文書にサインするとき、車いすのまま引き上げる作業が大変で、秘書の加瀬英明は「写真を撮るな」と叫びました。(自分でそう本に書いています)
 戦後は東京裁判で懲役7年の判決。恩赦で刑は短くなります。


昭和20年9月2日 戦艦ミズーリ降伏文書調印式


 戦後、3回衆議院選挙でも選ばれました。
 重光さんは車椅子の外務大臣でした。国会には付き添い人もつきました。

 何度か総理大臣の手前までいきます。が、野党の足並みがそろわず、吉田茂の説得に応じた後、鳩山一郎の日本民主党に加わります。
 鳩山総理大臣のとき外務大臣でしたから、大臣2人が車いすだったわけです。
 国会では介添え人もつきました。鳩山さんは脳こうそくの後遺症で、半身麻痺です。
 ただ当時は車いすの写真はあまり撮らず、上半身だけとか、杖で立つ写真がほとんどです。

 重光は長生きされたので本もたくさん書いています。
 どれも面白いです。「昭和の動乱」はメモ書きっぽい。二二六事件のとき昭和天皇を幽閉して、弟殿下(秩父宮)を即位させるプランをちらっと軍人から聞いていたそうです。
 鈴木貫太郎らも同じ不安を抱えていました。宮城(皇居)の改修工事のときなど、気をつけなければ天皇陛下がそこに幽閉されてしまう恐れがある、と。

 

 おすすめは中公文庫の「外交回想録」で、たしか「文藝春秋」に寄稿した「隻脚記」を再録しています。これはもうはらはらどきどき、いろいろな面でおすすめです。

 まず重光は第一次上海事変を停戦させるため、軍司令官の白川義則大将を必死で説得します。
 白川は愛媛出身、前陸軍大臣です。秋山好古が目をかけ、臨終にもたちあいます。
 昭和天皇は涙ながらに、

「決して長追いしてはならない。3月3日の国際連盟総会までに何とか停戦してほしい。私はこれまでいくたびか裏切られた。お前なら守ってくれるであろうと思っている。」 

 と白川に伝えます。
 ところが、いざ戦場にでてしまうと、人は変わってしまうものです。

 参謀本部の指令だといけいけどんどん、白川はなかなか決断できません。


 重光の度重なる説得で白川は3月3日、ようやく停戦の命令をだしました。

 これで白川と重光は陸軍の怒りをかいます。

 1932年(昭和7年)4月29日上海の虹口公園(現魯迅公園)で天長節の式典。

 この公園は冬はスケート場にもなり、近くに魯迅や朝日新聞の尾崎秀実ら、日本人が多く住んでいました。
 小雨の中、海軍の軍楽隊によって、君が代が演奏されます。
 檀上で2回目の君が代が終わろうとしたとき、金属製のお弁当箱みたいなものが式壇に投げつけられます。 
 海軍の野村吉三郎大将(ルーズベルトとは旧知で、後に来栖三郎と日米交渉)が、
「爆弾!二発目がくるぞ!」
 と叫んだものの、重光は「君が代がまだ終わっていないから」と動きません。
 爆発してからは最大級の痛みで、立ち上がれません。ステッキで立とうとしたら折れてしまいます。

 これはテロの瞬間の映像のようです。


上海 天長節祝賀会場爆弾事件


 病院にかつぎこまれてから、重光は100以上の破片が主に右足と右腕に食い込んでいることがわかります。1度の手術では終わらず、痛みで1週間眠れません。
 右足を切断することになりました。
 外務省をやめて満鉄の社長になっていた松岡洋右が毎日、病院まで見舞いにきてくれました。
 野村はこのとき片目を失います。

 白川はいったんは小康を取り戻したのに、5月23日に容態が急変、26日には亡くなります。このへんは謎が多いようです。
 爆弾テロの主犯は銃殺刑。不思議なことに、終身刑の廉応沢は後に日本軍に加わります。

 226事件の生き残り、黒崎貞明の部隊に加わるのです。

 南満抗日連合軍司令官兼第一司令官の揚成宇と第2軍司令官の金日成の討伐を目標におきます。

 それについては昔、こちらで書いたことがあります。

 重光に話を戻します。
 とてもポジティブな思考をする方です。足を切断手術したときは、
「これで大隈重信(元総理大臣、右足が義足)と同じだ」
 巣鴨刑務所に入るときは、

「明治の偉人は皆、ぶちこまれているものだ」
 なんて考えます。

 

 もしかすると、そのうちNHKの「いだてん」でもでてくるのかもしれません。

 1938年、パリで吉田茂、来栖三郎、杉村陽太郎と会談。1日も早く日中戦争を終わらせよう、と誓います。ただ杉村大使は癌で手術を繰り返し、すっかりやせ細っていました。

 杉村陽太郎は加藤雅也が演じています。ばいなう。