MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

中学ほとんど行かずにバイリンガルになったお話(中学校編)

mmcompany.hatenablog.com

 つづきです。2008年、福留孝介がシカゴカブスに私は入団しました。
 これは野球シーズン中、ほとんど日本には帰ってこれないことを意味します。(まあ、その前も井口資仁がいたので、同じようなものでした)
 次女は両親に託し、香椎小学校の特学に通いつづけました。

f:id:mmcompany:20190421214242j:plain

 私は長女だけシカゴに連れて行って、元の学校に行かせたりもしたのです。

 福留の入団記者会見のときは、そばにいました。


 ところが、じきに長女はシカゴで学校に行きたがらなくなりました。わりと勉強できるほうだったのに、すっかり遅れをとってしまったからです。

 まあ、いいや。シカゴでも朝からフィギュアスケートやらせておこう。

 幸か不幸か、長女のまわりに学校に行っていない友だちがたくさんいました。

 公認本に書かれているから、かまわないと思いますが、某選手は小学校は7日ぐらいしか通っていません。
 あそこまで才能なくても、レッスン時間はかぎられています。昼間からスケート場にいる子たちはわりといるのです。 

f:id:mmcompany:20190421214622j:plain

 これはアメリカでも日本でも同じ。

 私はたくさんアスリートを見てきたので、全員が同じ生き方、同じ学校生活、同じ受験勉強をするべきなんて、まったく考えたことはありません。
 
 野球とアメフトでプロだったボー・ジャクソンの親が、いつも言い聞かせていた言葉です。
「お金は使えば使うほどなくなってしまうけれど、インテリジェンスは使えば使うほど増える」

 長野五輪の金メダリスト、タラ・リピンスキーがホームにしていたデトロイトのスケートリンクでは、今でも多くのスケート選手がホームスクーラーです。

 そのせいか、あそこは今でもホームスクーラーが多いのです。3面リンクがあるスケート場なので、トゥーター(家庭教師)を雇ってホームスクーリングの宿題をこなしています。

f:id:mmcompany:20190421214747j:plain

 通信制というのは甘くなく、テストに合格しないと進級できません。
 長女はミシェル・クワンの自伝でも有名なホームスクールをとっていました。が、これがまたむずかしいの、なんの。
 英語で物理なんて正直、学のない私では教えることができません。そういうレベルの家庭教師を福岡でみつけられるかどうか、八方ふさがり。

 そこで浅智恵というか、悪智恵というか、苦肉の策といいますか。他にあのとき選択肢がありませんでした。
 
 というのも、こういうことです。

 日本は中学までは義務教育なので、不登校でもなんでも卒業証書はもらえます。
 なので、最後の3か月だけ、日本の公立中学に入れてしまえ!
 案の定、東区役所いって手続きしたら、露骨に嫌な顔をされました。「え、今もう12月ですよ。」
 でも、福岡で家を買って固定資産税も住民税も払っているのだから、拒否はできません。←と粘っこくおしまくりました。

 

 香住ケ丘中学のほうも戸惑ったようです。
 ほぼ毎日夜8時ぐらい、ざわざわとした職員室から電話がかかってきたので、教員というのは大変な職業だと思いました。
 とくにこの時期、中学受験に向けての対策と内申書を書くことで、相当に忙しくされていたようです。


 次から次への長女はよく問題を起こしてくれたものです。ほとんどが言葉の壁から来るものでした。
 たとえば、アメリカは小学生でも化粧していく子が多く、初日から長女はマニュキュアまでしていったそうです。
 「化粧はやめましょうね」
 と担任の先生に言われても、なかなかやめません。数日してわかったこと、
「ママ、もしかして化粧ってmake upのこと?知らなかったもーん」
 そうなのでした。化粧という言葉、それと博多弁、あとゆっくり話してもらわないと日本語が理解できません。

 得意なはずの英語も、この頃はへんな点数をとってきました。疑問文と肯定文という漢字が読めなかったそうです。あのなー!(英検1級は高校になってすぐ受けたら、受かりました。あたりまえですが)

 ちょうど長女は福岡代表の国体代表に選ばれていました。スケートの練習だったら、一応は出席日数にひびかないことになりました。(今はどうか知りません)
 なので中学卒業のほうは問題なさそう。あとは高校進学をどうするか、です。

 県立に行ってほしいのは山々ですが、試験に合格できるどうか。普通入試ならまず問題文が読めません。そこで推薦入試を考えましたが、これも見事に落ちました。まあ、受かるわけもないか。でも、定員に足りないのだから・・・ねぇ。

 

 もう頭の血管が破裂してしまいそうなほど悩みました。


 困り果ててしまったとき、助けてくれたのが私の原点!中日ドラゴンズでした。


燃えよドラゴンズ!88(ちなみにこの動画のCBCアナ、久野誠アナウンサーとは20年以上、大リーグレポートをやらせていただきました)

 星野監督のマネージャーが福岡出身なので、ちょこちょこ会ってラーメンスタジアムに行ったりしていました。その方が「高校進学?オレにまかせろ!」と言ってくださったのです。

「ドラゴンズの枠で入れてやる」

「え!うちの子、女ですよ」

「入学したら女だから、野球じゃなくてフィギュアスケートということにしたらいいから」と。

 そして、本当にすぐ話をつけてくれました。うそみたいなホントの話。

「え~、私、日本の高校に行けるの?インターハイとかでれる?ママ!ありがとう!」 

f:id:mmcompany:20190421214313j:plain

 ばいなう~