MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

ヤレる女子大生のランキング?うっそー!というお話

「SPA!」という雑誌はたしかフジサンケイグループだったはず。

「ヤレる女子大生ランキング」の1位はなんと実践女子大学。飲んでいたコーヒーをふきました。

  もしかして、母校かも?

 否、私は短大卒だから、当てはまらないのかな。

 それで忘れていたことを思い出しました!

brandnew-s.com

 昭和の終わりの女子大生ブームを振り返っておきましょう。

 おにゃんこクラブより前だったと思います。仕掛け人は同じプロデューサーですね。

「えー!、うっそー!」という言葉がとってもはやりました。

 実践女子短大。私も妹もそこ通いました。実は母もここ。母の時代は専門学校みたいな雰囲気で、料理や洋裁を習ったそうです。私たちも習いました。

 はっきりいって(この前おきも、なぜかはやりました)渋谷校舎なんて、入学試験のときしか行ったことありません。

 実践短大は八王子の手前の日野駅。そこから長い坂をあがって、徒歩20分の超田舎でした。駅前は店もなんにもなし。
 げんちゃりでも通ったけど、多摩川を超えるあたり、寒いんですよ。

 夫の長男が私に「東京の実家って何区?」と聞いたことがあるのですが、区じゃないのw国分寺市!実践短大と大学は日野市にあります。

 4年大学は1年と2年はこの日野校舎で、3年と4年が渋谷校舎。短大はずっとこの日野校舎です。実家から近いしね。

 今はどうか知りません。

 JR線では急行が止まる駅ではなく、終電との戦いだから地味な校風でした。渋谷なんかで遊んだら、10時前に切り上げないと電車がなくなります。

 高等部は渋谷にあったから、エスカレーターで短大にあがってきた子たちは、お嬢さまのはしりだったかも。ツッパリなんかいません。いい家の子ばかりでした。

 私のときは、たしか入学式が日曜だったので、へんな感じがしました。

 なんでも創立者の下田歌子先生が上京した記念すべき日で、あの年はたまたま日曜にあたってしまったそうです。

 明治天皇および皇后から愛され、渋谷校舎の土地は受け賜ったとかなんとか。なので、土地の値段があがっても、売ってはいけないとかなんとか。

 良妻賢母をめざす方針で、学長の挨拶は「間違ってもキャリアウーマンなんてめざさず、卒業したら数年はOLして働き、結婚したら家庭に入ってだんなさまを支えなさい」なんて内容でした。
 
 その方針に従ったわけではありませんが、私も妹たちも勉強はともかく、家事能力は高いほうだと思います。料理も裁縫もうまいし、梅干しだってつけます。
 歴代の姑たち、梅田三姉妹のパワーにはまったく勝てていなかったと思います。(大笑)

f:id:mmcompany:20190110173156j:plain


 短大も四年大も、キャリアウーマン志向は弱かったけれど、世間の評判はよかったせいか、就職先は銀行や商社が多かったです。学年で一人、JALに就職したら、うわ、すごいという感じです。

 国会議員になったとか、外務省に入ったとか、おそらく一人もいないはず。オリンピック選手もいませんw

 当時クラスメートたちの話題ももっぱら彼氏と彼氏の車のこと。(八王子の手前だから車もっていない彼氏だと厳しい)

 付き合う彼氏は少なくとも六大学でなくては人にあらず。(私が言ったんじゃありません。六大学でた人と付き合ったことないもの)

 信じられないほど、処女率は高かった。
 ゴールデンウィークや卒業旅行で彼氏と海外いっても、結婚までは最後の一線はこえたくない、どうやってのりきろう、などという話題でもりあがったりしていました。

 今はどうか知りません。

 卒業生で有名どころは少なく、向田邦子さんとうつみ宮土理さん。

 私は勉強が嫌いだったので、授業中することなくて、小説を書いていました。なので「勝利投手」のドラフト会議、指名される選手の名前が大学教授たちになっています。
 というのもパソコンではなく、原稿用紙に書いていました。脇役の名前を忘れてしまうから、教授の名前を使ったりしたのです。他意はありません。

 主人公の国政克美は、クラスメートに国政由美ちゃんという九州出身の子がいたからです。着物なんかも自分で着ちゃうそうで、かっこいいわ~なんて。「勝利投手」とは何も関係ありませんけど、立ち姿がりりしく、美しかった。

 書いた原稿はずっと短大のロッカーに入れていました。卒業のとき世間知らずもいいとこ、文芸春秋の「オール読物」編集部に郵送したら、400枚は長すぎますと言って送り返されてきました。

 親切ですよね。パソコンの原稿と違うから、コピーなんてとっていません。そのまま消滅してもおかしくなかったのです。

 そのままそれを「文藝賞」に応募しました。

 卒業して半年ぐらいしたら、「面白いので受賞するかどうかはまだわかりませんが、本にしましょう」と電話がかかってきました。

 発売された「勝利投手」を読んで、実践短大の先生方は非常にお怒りになったとのこと。
 とくに井口という大学教授は「梅田香子は白痴かと思うほど、勉強ができなかった」と授業中に繰り返し発言されたそうです。
 在籍していた妹はそれはもう肩身が狭い思いをしたそうです。

 とまあ、心が狭い、保守的な学風でした。 

 まったくSPA!と関係なくてすみません。

 ananの表紙にでたのも卒業後のこと。在学中だったら停学ものだったかも!?

f:id:mmcompany:20190110170606j:plain

f:id:mmcompany:20190110170344j:plain

 P.S. ちなみに私の前の年の文藝賞は山田詠美さんの名作「ベッドタイムアイズ」。芥川賞候補になったのに、版元の社長は「非国民の小説だ」と嘆いたほど、昭和はまだまだ生きづらかった。「女流作家」なんて言葉があったほどです。