MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

Airbnb VS ホテルの比較(ワースト編)

f:id:mmcompany:20190110081317j:plain
旅にトラブルは付きもの?エアビーにしてもいいことばかりじゃありません。
やっぱり知らない土地で、知らないお宅におじゃまするので、レビューは重視。

実績がゼロの新規加入者だったら、犯罪に巻き込まれる可能性だってあります。要注意。命にかかわることなので、絶対におすすめはできません。いわゆるコンドミニアム丸ごと貸しか、一戸建て丸ごと貸し、それからスーパーホストのところを狙います。

ホストファミリーと一つ屋根の下、いわゆる部屋貸しは避けることにしています。

友人がこれを利用としたら、居間の壁いっぱいに銃のコレクションが飾ってあり、ぞっとしたそうです。

大きなイベントがあったときなど、スーパーホストは埋まっているに決まっていますから、やっぱりホテルをとります。

到着がおくれそうになって連絡を入れると、「7時以降の到着は追加料金だ」と言ってくるところも。それはいいのですが、こちらは旅先だし、ロングドライブだったりすると、スマホの電源だって切れてしまうことがあります。返事が遅いからって、ひっきりなしに電話してくるスーパーホストもいて、困ってしまいます。


Airbnbの困った体験 ワースト5

1. 人気のあるところは予約がすぐうまる。

2.不便なところにあると、レンタカーやタクシー代が高くつく。

3. 複数の物件をもっているオーナーだと、鍵の受け取りが案外と大変。

4. ホテルと違うから遅い到着はいやがられることが多い。

5. 広いので、レンタカーの鍵をどこに置いたのか、わからなくなり、困った。ソファの隙間におちていた。


ホテルの困った体験 ワースト5

1. これはつい最近。ボストンの球場近く、わりと高いホテルなのにボロボロ。「鍵がこわれているけど、今日はもう修理屋が来ないから」と言われ、ロビーで一夜すごした。

2. トロントでワールドシリーズ。部屋の鍵をかけておいたのに、1階だったせいか、窓があいていて、全部とられた。

3.今はなきロサンゼルスのホテルニューオーターニー。三浦和義の事件が起きたところ。野茂英雄関連でよく泊まったのだが、天井から水もれで机がぐしょぬれ。パソコンが危なかった。

4. 私は泊まったころがないけれど、今はなくシカゴ市内のTOKYO HOTEL(日本人経営ではないのに、なぜかこの名前)。ゴキブリが多すぎて、寝るとき耳にティッシュをつめないと危ない。

5.これも上と同じ伝説のTOKYO HOTEL。鍵あけて部屋にもどったら、背の高い長身の黒人がぼっと立っている。あわててフロントにもどり、それを言ったら、「ああ、あいつはあの部屋の鍵をもっているからな」という冷たい対応だったそうで、通訳しようがなく困り果てました。

 

f:id:mmcompany:20190110081538j:plain


 ラスベガスでは改装されたばかりの「ハードロックカフェホテル」に泊まりました。うちはギャンブルとかゲームとかやる人がいないので、ちょっと新鮮な光景で、楽しかったです。

 ノブホテルは前を通っただけ。玄関のデザインが斬新でした。なんで柱ないわけ!?

f:id:mmcompany:20190110085618j:plain
 

www.youtube.com