MM編集部とその周辺。
スポーツライター梅田香子の日常を日本語でメモ代わりに綴ったものです。

星野監督と河豚のお話

 一戸建ては無事に完成いたしました。

f:id:mmcompany:20190804231710j:plain

 暑いし、しんどいし、疲れた、と言いつつ、潮見表をみて夜になると、夫は海にでかけていきます。

f:id:mmcompany:20190804231818j:plain 主に釣れるのはアジとメバルです。

f:id:mmcompany:20190804231830j:plain

 めばるは煮つけか塩焼きです。

f:id:mmcompany:20190804231837j:plain

 アジは衣つけて、南蛮漬けに。

f:id:mmcompany:20190804232000j:plain

 もういい加減にしろ、という感じ。冷蔵庫がぱんぱんです。

f:id:mmcompany:20190804232023j:plain

 かたっぱしから料理して、近所におすそわけです。

「食べられる分だけ少しずつ釣ってくればいいのに」と私。

「そんなん、できるか」と夫。

 昔、中日ドラゴンズが九州の串間でキャンプしていたとき、小さな小料理屋が一件ありました。そこしか知らないから、星野監督とも権藤博さんとも行ったことあります。

 店の大将は海のことを冷蔵庫と呼び、フグ料理の免許ももっていました。

 星野監督はフグ鍋はもちろん、白子をちょっと焼いたのが好きでした。

 大将はモリでフグをつくそうです。冷蔵庫(海)に行って、浅瀬にもぐり、底でじっとあぐらをかいて、フグを待つ。

 フグは海の中ではふくれていません。フツーの魚みたいに正面から大将に向かって泳いでくるそうです。 

 がまんしていると、フグとにらめっこになります。そのままフグが大将を無視して、横切ったところをモリでつくそうです。

「なので、本当にかしこいフグは横切るとき、ぱっとヒラメみたいに体を上にむけて、泳いでいくから、もりでつかれなくて助かるんだぞ」

 なんてことを言ったのは、星野監督付マネージャーの早川実さんでした。

 その串間まで福留孝介選手のお父さんは見学に来たそうです。

 Bye now.