MM編集部とその周辺。

梅田香子 ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

原爆とシカゴ大学とバイリンガルのお話

 マンハッタン計画という言葉を聞いたことがあると思います。

 シカゴ・パイル1号(Chicago Pile 1,、CP-1)は原子炉の名将です。

 約90名のノーベル賞受賞者をだしたシカゴ大学。

 1942年11月、この大学内のフットボール場の観客席の下には、スカッシュのコートがありました。そこにパイル1号がつくられたのです。

 同年12月2日8時30分から実験がスタート。

 15時25分には科学者たちの手で、制御棒が引き抜かれました。

 史上はじめて、動継続的核連鎖反応を起こすことに成功します。

  まもなく場所を移してもっと大きな型がつくられ、1945年、広島、長崎の原爆につながりました。

 シカゴ・パイル1号はもう1台の原子炉とともに埋められ、そこには石の記念碑が建っています。
 ここには動画もでています。 

www.uchicago.edu

 シカゴ大学の敷地はかなり広く、名所はいくつもあります。フランク・ロイドが設計したロビー・ハウス、これが生徒名簿を管理する事務所として使われていました。

f:id:mmcompany:20190806142821j:plain

 外務省の来栖三郎はニューヨーク赴任を経て、シカゴ総領事となります。

 ニューヨーク時代に知り合ったアリス・ジェイ・リトルと結婚し、やがて長男のボブ(日本名は良)、長女のジェイが生まれます。

 このロビーハウスの近くに住んでいたので、天気がいい日はほぼ毎日、このへんを散歩しました。

 1919年、第一次世界大戦を終わった年、来栖家は日本へ帰国します。

 その後も大使としてあちこち赴任しますが、ボブだけはそのまま8歳からずっと日本で育ちます。
 来栖家の娘たちは日本語の会話はできるのですが、書くのはかなり苦手だったようです。残された書簡をみると、「あ」と「お」を間違えたりしています。

 大使たちは子供たちの語学教育には皆、苦労したようです。私の娘たちもシカゴ生まれのバイリンガルなので、あまり人ごとではありません。

 半日だけ学校に通わせて、あとは家庭教師について勉強させたりもしました。

 吉田茂の妻、雪子は牧野伸顕の娘でしたから、夫婦げんかは英語だったそうです。
 東郷茂徳の娘のいせも、母親のエディがドイツ人でしたから、家ではほとんどドイツ語でした。

 来栖良の場合、外見がアメリカ人に近く、学校でも軍隊でもぼこぼこにいじめられました。たまたま稲田悦子先生の婚約者が同じ隊にいて、三船敏郎なんかもいたようです。

 とはいえ、日本で教育をうけた良は、日本男子で越中ふんどしを愛用していました。日本語の手紙も達筆です。コピーですが、初公開しますよ。もういいでしょう。

f:id:mmcompany:20190806142918j:plain

 

f:id:mmcompany:20190806142911j:plain

 

f:id:mmcompany:20190806142951j:plain

 暁星中学ではフランス語やドイツ語を学びました。吉田茂の息子も暁星だし、与謝野晶子の息子もそうだし、外務省志望者は多かったそうです。

 が、良は外交官ではなく、子供の頃から飛行機が好きだったので、横浜工業へすすみます。

 そして、広島長崎の悲劇を知ることはなく、終戦の年の2月、福生基地で亡くなります。 

 ちょうど吉田茂が代々木の刑務所に収容されていて、「あんな好青年を・・・」と悔し涙にくれたそうです。

 高松宮日記にも来栖良の死亡記事がはさみこまれていました。高松宮も秩父宮も家が近く、スケートやスキー仲間でもありました。

 良の書簡はまだ私の手元にあるので、そのうちまた。

 Bye now.