MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

幼児にいちばん人気の車とゴミ箱のお話

 アメリカで子供にいちばん人気のある車、それはゴミ収集車ではないでしょうか。

 ユーチューブに何本かあがっていました。いちばん上のなんて、シカゴの家のゴミ収集車とそっくり同じ光景です。

 とくに小さな男の子はこれが好き。うちに泊まるとガラス窓ごしに朝から外をみていました。

 でも、残念ながら週に1回しか来ません。生ごみディスポーザーで処理しています。


アメリカのゴミ収集


見ていてゴーカイ! アメリカのゴミ収集車


アメリカの "ガーベッジトラック" (ゴミ収集車)

 シカゴではなく、シコクの家にも同じものがほしいと思い、前からさがしていました。

 楽天で発見。さっそく3つの色を購入したものの、本当にもうアメリカン!少し腹たちました。

 まず一緒についてきた六角レンジの大きさが、どれもまったくあいません。意味なし!

f:id:mmcompany:20190415183936j:plain まあ、よくあるといえば、あること。

 作業は三か所、ふたの取り付けと車輪2つ、それと底の水抜き穴に栓をつけるだけ。

f:id:mmcompany:20190415184057j:plain

 ひとつめはなんとかハンマーをつかって、ねじを文字どおりねじ穴にねじこみました。完成。赤いのは全然だめ。

 これはロケットじゃありません、ゴミ箱。「下町ロケット」の技術なんか求めてはいけないのです。(と、自分に言い聞かせていました)カッモーン!ヘルプ!佃製作所!!!

f:id:mmcompany:20190415184223j:plain

 赤いのは全然ダメです。帝国重工の色だからか!?

f:id:mmcompany:20190415184433j:plain

 まあ、ロケット品質を求めてもしや~ない。カッターナイフで削り落とすことにしました。

f:id:mmcompany:20190415185150j:plain

 これでなんとかうまくねじが回ってくれました。というか、カッターナイフがなかったら、完成しなかったと思います。

f:id:mmcompany:20190415184702j:plain

 かわいいから、許しましょう。

f:id:mmcompany:20190415185349j:plain

  私は45リットルのを3つ買いました。届いたときは小さいな、と思いましたが、日本の家屋にはこのほうがいいみたいです。

 組みたてに必要なのは、ねじまわしではなく、トンカチとカッターナイフだと思います。

 シカゴのは市の支給なので、値段わかりません。誰がねじをとりつけているのやら?