MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

あまり人には教えたくない温泉

   

f:id:mmcompany:20200109174356j:plain

  月末や年末は超いそがしいので、ほとんど忘年会はいけませんでした。

 新年会はどんどんやります。牡蠣は今の季節が最高ですよね。

f:id:mmcompany:20200109175143j:plain


 知り合いのテレビ局の社長さん、お風呂で本を読むのが好きなんだそうです。
 
 実は私も好き。でも、うちは夫が口やかましい。
 なので、一人でいる午前中、のんびりお風呂につかって漫画を読んだりしています。

 
 この社長さんはなんと温泉で本を読みながらつかり、見知らぬおじいさんに怒鳴られたとのこと。心が狭いな。
 

f:id:mmcompany:20200109175140j:plain


 道後温泉は「坂の上の雲」にもでてきますが、温泉の湯舟自体はそんなに広くないのです。
 最近は手塚治虫の「火の鳥」とコラボレーションしています。

 

dogo.jp

 
 もちろんすいている時間を狙って、文庫本をひろげたのでしょう。

 ところが、すいている時間はすいている時間で、面倒くさいことに、コアな常連客がいるんですよ。
 私は自閉症の子をつれていくので、常連客から怒鳴られ、怒鳴り返して大げんかになったことがあります。
 そんなかんや家の風呂はともかく、温泉で本を広げるなんて余裕はありません。
 
 奥道後にある「そらともり」だと、本を読みながらつかっていても、叱る人がいないという話しなので、いつか試してみたいのですが・・・・。

 あそこは食事もおいしい、すごくいい温泉です。

 

www.soratomori.com


 シカゴは地震もないかわり、温泉がありません。デンバーなんかだとあります。

 東京の母はあまり温泉好きではありません。
 四国の家は夫がもっていて、松山市の郊外になります。
 ここにあまり人には教えたくない、海が見える露天風呂があるんですよね。
 お湯が塩っぽいです。私的にはこの温泉はベストです。

www.seapa.jp

 

 家族風呂があるので、混んでいる日はそういう個室をとります。べつな障害者の方と廊下ですれ違うこともありますから、考えることは同じなのでしょう。
 部屋でビールや料理を注文することもできます。
 泊りコースもあります。が、さすがに家から車で10分なので泊ったことはありません。

 休むのは私も夫もあまり好きではなく、正月は「あ~、仕事してぇ」とぼやいていました。

 おそらく重度のワークホリック(仕事中毒)なのだと思います。

    私も夫も好きなことを仕事にしているので、人が遊ぶのは自由ですが、休みたくない。そもそも社会人2年目からスポーツ新聞の仕事をしているので、休んだ記憶がありません。

 塾のほうも受験生がいるので、ほぼ平常通り。夫が「ええの~」と羨ましがっていました。棟梁大工が休むと従業員が休めないので、こっそり仕事していました。

 Bye now!

f:id:mmcompany:20200109174402j:plain