MM編集部とその周辺。

梅田香子 ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

私の話

f:id:mmcompany:20191004103359j:plain

夏休みの宿題で描いた漫画を何点か生徒がくれました。掲載許可あり。

 鷺沢萠さんの本で「私の話」というタイトルのものがあります。まさに珠玉の名作。後々までじーんと心にしみる感じ。もっともっと小説もエッセイも読みたかったです。とくに韓国とか強迫神経症という言葉を耳にすると、よくあの本を思い出します。

 私はあんな名文は書けません。

 ぶっちゃけ自営業の場合2つ3つは定期的な仕事もっていたほうがいいと思います。1つがつぶれても、それほどあわてなくてすむし、心と生活が安定します。

 数年前まではライターやカメラマン、予備校や専門学校で教えて生活を安定させ、思う存分仕事をするなんてパターンが多かったです。

 一つ一つは安くても、こつことつづけると次の仕事につながっていく。

 今どきの「起業家」理念からは遅れているかもしれません。でも、私のまわりでそういう生き方している人は、どの時代も不況知らずです。

 昔の仕事リストはここに書いています。

 

mmcompany.hatenablog.com

  この頃は一年に10日ぐらいしか日本にいませんでした。

 今は1か月おきに行ったり来たりしています。老後はシカゴの家のほうが長くなるでしょう。

 ライター仕事は英語のものが増えてしまい、正直なところ冷や汗の日々です。

 アメリカの新聞社の経営スタッフでもあり、想定外のことがよく起こります。Skype会議というものがなかったら、こんな生活はできなかったかも。

 夫の工務店も手伝っているので、給料+歩合もらっています。生活費もすべて。昔気質の職人なので私がだすのは嫌がるのです。(私の実家に米をおくってくれるのですが、その代金をうけとるのも怒ります)

 あとは塾の経営です。これはちょっとわけあり、人任せ。

 今週末は英検準会場を主催します。ちょっと緊張。終わったらアメリカです。

 Bye now.

 

私の話 (河出文庫)

私の話 (河出文庫)