MM編集部とその周辺。

梅田香子 contribute to MM JOURNAL

ぼこぼこ場外乱闘編

スポーツライター梅田香子の日常を日本語でメモ代わりに綴ったものです。

幼児教育には自宅でDVDアニメをおすすめします!

 ツイッターには何度か書きましたが、私はスカイプレッスンが中心なので、幼稚園より下のお子さんには英語を教えていません。
 それに、家庭でDVDをどんどん見せたり、聞かせたりするほうが効果あると思っているからです。
 自分の長女もそうやってバイリンガルに育ちました。

 日本と英語が逆ですけど、これが長女です。


英語紙芝居 アンパンマンとドキンちゃん

 こういうのは逆に小さいときから習慣づけておかないと、大きくなってからは「勉強のアニメいや!」と反抗されてしまいます。

 ジブリシリーズは多くの作品がディズニーと契約しています。なので普通に日本で買っても最初の設定で言語を選ぶことできます。
 
 海外バージョンを買うと、リージョン(地域の設定)が違っていて、日本で買ったDVDプレーヤーだと再生できないことがあります。
 なので、リージョンフリーのDVDプレーヤーの購入をすすめます。普通のDVDと比べて高いことはありません。

 こういうDVDを買っておいたほうが、大人でも海外のコンサートDVDなど、楽しむことができます。

 値段も安あがり!

 

 さて、私の場合、自分のための自分による自分のアフリエイト(セルフアフリエイトというらしい)しか理解していません。

 私が過去に買ったものや今から購入するものをここでリストにしておきます。
 よかったら活用してみてください。

   赤ちゃんのうちはウィグルズやテルタビーがおすすめ。日本の「おかあさんといっしょ」みたいな吸引力をもっています。

 「セサミストリート」も悪くないけど、ちょっと今の子は身構えしますかも。

 「ポケモン」や「ドラゴンボール」の初期シリーズは中学生ぐらいまで楽しんでみてくれます。なにしろ、悟空やさとしが英語をすらすら話しているわけですからね。

 あと最初の頃のほうがストーリーも面白いし、子供向けの番組ですから英検3級むけの会話も自然とでてきます。

 

 

  今回の目玉は「名探偵ぴかちゅう」。自分のためにどさどさっと買ってしまいます。

イベントやスカイプで英語を教えるとき、わりと使うんですよ。次女の趣味でもあります。

 かわいいでしょ。ばいなう!