MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

「転進 瀬島龍三の遺書」と読む。また少しスケート。

f:id:mmcompany:20190710125429j:plain


 瀬島龍三。伊藤忠商事の元会長、中曽根総理大臣のときのブレインでした。

 いまどき彼の名に興味をもつ方が少ないと思います。この本の表紙は東京裁判で証言している写真です。

転進瀬島龍三の「遺言」

 
 昔、巨人の渉外担当のリチャード背古さんという方がいました。取材対応にはとても柔らかなのですが、肝心要のことは決して話せない。のらりくらり交わす優秀な人材。「瞬間湯沸かし器」ではなく、「瞬間ごまかし器」というあだ名がついていました。

 まあ、これは職務として、当然のこと。

 瀬島さんも「瞬間ごまかし器」だったので、重要なところになると話をそらす。「シベリアで左官を毎日やらされた」とか、すぐにばれるようなウソもつく。

 ただこの本の著者は歴史探偵ではなく、東急グループで社長をされた方のようです。瀬島さんとは個人的な付き合いだったせいか、あの手この手で本音をひきだしています。

 私がいちばん知りたかったのは、真珠湾の直前、来栖三郎大使が外務省の寺崎英成と「陸軍に命をとられる」覚悟で、戦争回避のために奔走したルーズベルトの親電です。これは「マリコ」という本で詳しい。ドラマになっています。もう一度見たいなぁ。

www2.nhk.or.jp

 陸軍参謀本部では「来栖の飛行機墜落を祈るもの」ともいたそうです。

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記 (文春文庫)

 東条英機がどうこうより前に、若い兵隊たちはアメリカをやっつけたくて、うずうずしていた熱気が伝わってきます。

 その渦中に若き参謀として、瀬島さんはいたわけです。

 ルーズベルト大統領が昭和天皇にあてた親電は12月7日正午、東京中央電信局に入ります。
 
 短波放送ですでに親電のことは報道されていたため、によると天皇陛下は短波で知っていて、

 「木戸も心配して待ち受けたが一向に来ない。どうなったのかと思っていると、ついに十二月八日午前三時に東郷(茂徳)が持ってきた。」(「昭和天皇独白録」より)

 木戸幸一さん・・・なんてたぬき。

 東京裁判で明らかになったですが、参謀本部通信参謀、戸村盛雄少佐が「10時間だけは配達を遅らせろ」と軍刀をぬいて局長を脅かしたそうです。
 こんなだいそれたことを戸村少佐が一人で思いついたのかどうか。ルーズベルト大統領から昭和天皇への親電ですよ。
 
 この著者が瀬島さんにこの点を聞くと、またまたいつものごまかし。

「通信参謀の戸村少佐とは、常に連絡をとりあっていましたからね。電報は日々、たくさん届く。親電の件についても報告を受けたのは覚えているが・・・。そのことについては戸村さんが、書いています」
 とはぐらかした。
 
 このへんにしておきます。ともかく私のこの昭和史おたくぶりは評判がよろしくない。

「星野仙一のファンだからって、そこまで掘り下げる意味ってある?」
 ありません。

 そのとおりなのですが、いろいろ話にとっかかりにはなりましたよ。

bunshun.jp

 この著者は東大を出た後、明治生命に入社。なんと五島慶太の後をついだ五島昇にヘッドハンターされて、東京エージェンシーに加わり、創業メンバーの一人でした。

 五島慶太という方は戦前、東京五輪を返上させないよう、奔走されました。

 自分のゴルフ場の土地を提供するなど、木戸幸一に寄付を申し出ています。

 時流の流れに逆らえず、東京と札幌五輪が流れてしまうのは知ってのとおり。

 五島昇氏は国土計画の堤義明と仲がよく、長野五輪開催を実現するなど、日本のウィンタースポーツにはとても貢献されていました。

 子孫たちは皆、名字が変わってましたが、フィギュアスケートやっていました。シカゴの家にホームステイしたこともあり、なかなかの好青年だったのです。

 ばいなう。

わが鐵路、長大なり 東急・五島慶太の生涯

飛竜の如く?小説・五島慶太? (光文社文庫)

地下鉄誕生―早川徳次と五島慶太の攻防 (交通新聞社新書)

小説東急王国 (講談社文庫)