MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

英検3級はこれで受かります

 英検3級英作文のテンプレートです。英作文用の問題集は買わなくても、ここ読んだら普通は受かります。

 

mmcompany.hatenablog.com

 

  ちなみに今回の英作文はこういう問題でした。

 What day of the week do you like best? (1週間のうち何曜日が好き?)

これを25字~35字以内で書きます。級が上になると、文字数が増えるだけで、基本は同じ。なので、この3級で丸暗記しておくと、後々はそれに単語や熟語を足していけばいいのです。

  3級は文字数が少ないので、本当に簡単です。

  まず1行目でこの質問を反復するような形で、ずばり結論を書きます。

  do you like best ?という質問文を普通の分に直すだけです。

 つまり、 I like Sunday best.

 2番目の文は問題がなんだろうと、同じです。

  I have two reasons to think it.

 ぶっちゃけ、この一文で7語です。最低文字数の25語から7をひいたら、残りは18語だけです。それも最初の一文で、この場合は4語、短いほうです。18から4をひくと、14語だけ。それでぐっと気が楽になりませんか?

 三番目の文は First of all, I can ~を使って、ともかく文章をつくる。First of all, I can play on Sundays.(私は毎週日曜、遊ぶことができる)I can play games on Sundays.でもオッケー。

 問題文がどうしても理解できかったときは、2行目にI have two reasons to think it. First of all, I like it so much. と書くように教えています。高得点をもらえる可能性は低くなりますが、何も書かないよりはましです。
 
4つめの文章は 接続詞として Also, をはさみ、Also, it is very good for everyone. を覚えさせます。
さらにその、バリエーションも。It is very useful や It is very convenient  や It is very easy It is very importantIt is very healthyIt is wonderfulも暗記。それぞれ否定文も習得しておきます。

  アポストロフィーを使って省略しないのは文字数を稼ぐため(せこい)manymuchよりa lot of のほうが3文字になります。

 これとは別にIt is a lot of fun. をどこか適当な場所にはさみこむようにも、教えています。それとI can enjoy with my friends. この2つの文章は覚えていて、損はありません。準2級でも使えます。

 まとめると、こんな感じです。

 I like Sunday best. I have
two reasons to think it. First
of all, I can play on
Sundays. It is a lot of
fun. Also, it is important for
everyone to rest well.

 私は3級の場合、4つのパターンを繰り返し練習させます。2つめも同じで、こんな感じになります。

 質問はこれ。
Whicn country would you like to visit in the futurer?

 答えのサンプルです。

  I would like to visit U.S.A.
in the future. I have two
reasons to think it. First of
all, I like U.S.A. so much.
 Also, it is wonderful to visit
a new country.

  なんだ、丸暗記かよ、と言われそうですが、そうなのです。
 頭の中で日本語をいちいち英文にするのではなく、まず英文から考え、英語で書く訓練になります。 

 こういうのは小学生のほうが覚えが早く、素直だし、バリエーションも自分なりに工夫しますね。

 もうひとつ、大事なこと。英検の英作文は1行につき6語とか、それぞれ字の大きさにあわせて、語数を1行ごとに固定して練習しておくこと。英検は問題数が多いので、いちいち文字数を考えていたら、時間の無駄です。
 私が書いた実例のように1行6語と決めておけば、数えなくても行数で掛け算すれば、33文字ね、とすぐに見当がつきます。

f:id:mmcompany:20190705003454j:plain


 満点をとった子の答案は見ていません。彼は字がとてもきれいでした。記憶力もいい。

 私が教える前は公文に通っていました。なので、読み方に癖があり(otherをオザーと読む)単語と単語のスペースを入れません。Iwouldliketoviisitみたいな書き方をして、前回は一度おちています。
 まわりが受かって自分が落ちるとくやしかったのでしょう。きちんとスペースを入れるようになりました。

 それに私のテンプレートを丸写しでは、ある程度の点数はとれても満点は無理です。おそらく自分なりにバリエーションを書き加えたのでしょう。そういう知恵はある小学3年生です。

 11点足りなくて落ちた子も、自信は(いつも)あっただけにがっかり。

 やらされている感が強く、文章のはじめは大文字にする、という説明も、

「ネイティブの先生はそんなこと言ってなかったもん」

 とはねつけていました。

 でも、今回の結果で、「またピリオドとカンマを書かなかったような気がする」と言っていて、「次からは他の問題をやって疲れてしまう前に、英作文を最初にやってしまおう」とつぶやいていました。

 

 普段だらだらやっている子も英検が近づくと顔色が変わってきて、「先生、ここもっと教えてください」と言いはじめます。
 英検は決して無意味ではない、と考えるのはこんな理由があるからです。学習塾のほうもスカイプレッスンも今は生徒さんたくさん。新規は空きが出る前まで募集していません。質問はツイッターのDMで受け付けています。

 3級までは小学校3年生までの教科書を読み書きできたらオッケーです。

 中1は小学生の体力のまま、部活とか新しい教科がはじまるので、かなり負担がかかります。英語だけでも先に進んでおくと、後々が楽になります。
 英作文はぜひこの方法を試してください。

 ばいなう。