MM編集部とその周辺。

梅田香子 ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

「下町ロケット」にはまったお話

f:id:mmcompany:20190327133527j:plain
 社会人になってしまうと(30年以上たつけど)、決まった時間にテレビの前に座れません。なかなかドラマを見ることができなくなりました。

 シカゴには日本人経営のレンタルビデオ屋さんがあり、年末年始にぶっつづけに見たことはあります。
 そこが閉店セールをやっていたので、「坂の上の雲」を購入。これは愛媛県人の夫とはまった、はまった。

 アメリカン長女もネットではまっているらしく、まずいちばん好きなのはサザエさん。「だって、なんかサザエさんてママに似ているんだもん」。「家政婦ミタって知っている?ママに似ているから見て!」とも言われましたが、どうも私の好みとは思えず、老後にとっておきます。

 「下町ロケット」はたまたま飛行機で見て、もう感動しまくりました。

 私は本でも映画でもいったん気にいると、ねちっこく繰り返し、それこそ暗記するまで見る性分なのです。
 
 2月になると税金申告のため、大量の領収書を整理するはめになるので、だいたいDVDをレンタルしたり、買ったりします。今年はそれをやらず、TBSオンデマンドに入って、下町ロケットを見まくるつもりでしました。(知っているストーリーじゃないと、ながら作業に支障をきたしますからね)

 

www.paravi.jp


 ところが、2月になってすぐ申し込み、たったの2日ぐらいで、なんの予告もなく、「下町ロケット」の初期シリーズは消えてしまいました。

 役者の一人が事件を起こしたためです。

 2018年の最新シリーズはたまたまその役者がでていなかったため、今も見ることができます。TSUTAYAのホームページをみたら、これも同じでした。

 海外サイトからは今も見ることができるそうなので、4月になったらまたシカゴから見てしまおう、」と。

 仕方なく解約手続きをとったものの、今月いっぱいは見ることができます。

 せせこましい私は今月はもう見まくり。「青春の門」まで見ちゃいましたよ。あれ小説も好きなのです。秋吉久美子がかわいいのなんの!

 https://www.paravi.jp/watch/15568

 それと「下町ロケット」は三上博主演のもあったのですね。

 https://www.paravi.jp/title/204

 これもよかったです。弁護士役の寺田しのぶが素敵。
 ロケットを打ち上げるシーン、「あがれ!」という心をしぼりだすような三上博の声と右手がとびきり美しかった。

 ただやっぱり阿部寛のシリーズが好き。

 阿部ちゃんの佃社長は頭がよさそうな切れ者エリートだけど、その反面、ちょっとぬけさくな演技、いい味だしています。ボーリングにくわえて、カーリングの場面もよかったです。
 
 それから、なんといっても、帝国重工・財前。

 これで前作とは圧倒的な差がついてしまいました。

 吉川晃司の存在感の凄さ。ぴくっと顔の筋肉を動かす微妙な表情は、英語でいう、expression そのもの。立ち姿もスーツの着こなしも、ただものではない空気を漂わせています。とくにファンではなかったけれど、目がハートになってしまいそう。

 国体にテクニカル・スペシャリストとして行っていた今川知子さん、なんとこの「下町ロケット」の曲で滑るプログラムを見たんですと!

 うわ~、私も見たかったです。

 「下町ロケット」は新潟代表の選手だったそうです。世界選手権クラスの演技ではないことはわかっています。でも、それはそれで価値があることなんですよ、私にとっては。

 選手が有名か無名か、それは二の次なのです。

 詳しい情報はこちらをどうぞ。

news.mm-journal.com