MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

自閉症児と刑事さんのお話

 つづきです。もう何年もたつのに、自分の気持ちの整理がついていません。

 起きたことだけを書いておこうと思います。どなたかの役にたったら、こんなにうれしいことはありません。

mmcompany.hatenablog.com

 このとき刑事さんとどう会話したのか、動転しすぎて、再現はできません。

 調書を書くため、翌日だったか、警察署まで出向きました。

 モーニングで愛読している「ハコヅメ」という漫画は雰囲気がそっくり同じでした。(当時はまだ連載がはじまっていなかったので、そう思ったのはごく最近のことです。読むとあのときのことが思い出されます)

 皆さん刑事臭がすごかったけれど、とても気づかってくださる雰囲気は伝わってきました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~(6) (モーニング KC)

 私は茫然としてしまっただけですが、玄関先で泣き崩れてしまった母親が多く、刑事さんもつらかったそうです。

 容疑者の名前で探索したところ、地元のテレビニュースがでてきました。数か月前に、連続強制わいせつ事件というのがあり、20代の男性が逮捕されていたのです。

 その数か月前にも逮捕されていたので、再犯ということになります。
 個人情報で犯人は守られているので、あまり教えてもらえませんでした。
 ただ裁判を傍聴にいったら、ごく普通のノビタ顔でした。ニュースでは「元会社員」とありましたが、逮捕されて辞表をだしたらしく、このときは白いミニバンで営業中だったそうです。(前科あっても普通に仕事できるものらしい)


 夜は彼女とデートの予定が入っていて、昼間に道を歩いている小学生に「写真を撮ってあげる」に声をかけ、服をぬがせていたところ、逮捕されたそうです。

 

刑事さん「再犯ですし、今回は被害者の数が多いので、かなり重たく罪に問われます」

私「重たい罪ってどれぐらいですか?」

刑事さん「懲役7年ぐらいです」

 たったのそれだけ?とがっかりしたことは覚えています。
 
 20人ほどの余罪を追及したところ、全員が知的障害者ではなかったけれど、一人も親には告げていなかったそうです。

 ただそのまま家からでなくなってしまったり、長袖しか着なくなってしまったり、おかしいと思った親はいたとのこと。

 次女は一人で外出なんてしたことがないので、最初は何かの間違いかと思いました。

 でも、犯人の携帯には動画が残っていたそうです。その日づけと手帳を照らし合わせ、驚きました。(つづく)