MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

自閉症と自然災害(訂正はいっています)

 f:id:mmcompany:20190308161330j:plain

 シカゴの家の近く、車で10分ぐらいのところに、マクドナルド一号店がありました。無料の博物館です。ところが、残念ながら去年、取り壊して更地にしていました。

 この写真は川の水が氾濫したとき、撮影したものなので、膝まで水がきています。

 自然災害は恐ろしい。その反面、子供のはしゃぎっぷりときたら!

 うちの子たちやトイプードルは怖がりなので、みんな私にくっついて寝たものです。

 その一方、アメリカ人はどんな状況においても、楽しむ心を忘れないような傾向があります。

 最近はなくなりましたが、シカゴの家では何度か水害がありました。

 うちの近所では大雨で水害になると、ガレージの車を外にだし、BBQ用のテーブルを広げ、ろうそくをたてて、ビールで宴会がはじまります。

 停電になると冷蔵庫の買い置きがだめになる→ガレージでホームパーティー。

 という思考のようです。

 半地下のトイレの便器から川魚が飛び出すわ、臭い匂いでカーペットはダメになるわ、ボイラーなども全部が総取り換えになりました。 

 もう腹たって売ろうしたら、近所にカジノができて、市が川を大工事してくれました。なので、10年近く、水害はありません。まあ、水害の後じゃ売れるわけもありませんね。

  下の写真はそのとき撮ったものです。

 ぎりぎり近所まで、水がきて、写真の奥では車が半分つかってしまっています。 

f:id:mmcompany:20190308161214j:plain

 確定申告の季節になると、東日本震災のことを思い出します。
 夫とは絶賛遠距離恋愛中でした。 

 あの日、夫は愛媛から1年分の膨大な領収書を福岡の家まで持ってきて、パソコンで打ち込むことになりました。今は最後に目をとおすだけですが、あの頃は領収書を読み上げるぐらいのことはしてくれました。(あたりまえ!)

 単調な作業なので、普段は見ないテレビを見よう、と。つけました。どのチャンネルも信じられない光景が広がっています。

 大変なことが起きているのだと気がつきました。(おそすぎ!)

 私の親は福岡と東京の家を往復していて、ちょうど東京のはず。あわてて携帯に電話したものの、つながりません。

  国分寺の実家は本棚の本が全部、床に飛びだしたそうです。
 姪たちは都心の学校に通っていたので帰宅難民になりました。
 その後も計画停電もつづき、マンションのエレベーターが使えなかったり。

 それを聞いたとき、自閉っこをかかえるうちは絶対むりだと思いました。帰宅難民になったら、そのまま行方不明になりそう。

 ただ去年、愛媛も水害があり、ボランティアにもいき、同じような悩みをかかえる親と話しをする機会がありました。

 都会より、地方都市のほうが、自閉症の子は安全なのかもしれません。

 これは長くなりますから、また違う機会に。

 加筆訂正です。ツイッターで指摘されましたが、シカゴ郊外のマクドナルド店はマクドナルドの一号店ではなく、フランチャイズの一号店だそうです。

 ご指摘をありがとうございました。

 

[rakuten:add-kitchen:10337885:detail]