MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

自閉症と納豆のお話

 週4日、ヘルパーさんと私はメモを冷蔵庫に貼って、やり取りしています。

 次女は納豆を毎回2コ、白米のどんぶり1杯ぐらい食べたがるのです。が、去年の11月で60キロを超えてしまい、ダイエット中です。

 私と目があうと、しぶしぶ納豆を1コ、冷蔵庫から取り出します。

 ところが、私は洗濯なんかに行くと、こっそりまた1コ。くぉらー!

 パパは人間が甘いので(笑)完全になめられています。私がいないとき、パパがじっと見ても平気で2コ、パクパク食べるそうです。叱らんかい!

f:id:mmcompany:20190304025428j:plain

 もともと小3まで、この子は納豆ごはんと菓子パン、それとマクドナルドのフライドポテト。ハンバーガーはだめ。これ以外はまったく食べませんでした。

 自閉症のこだわり、よくある偏食です。

 なので、シカゴの家では納豆をつくっていました。ヨーグルトメーカーをつかえば、簡単です。

 家の冷蔵庫以外にもうひとつ、小さな冷蔵庫を車のガレージにおいて、(というか、もらった)納豆や菓子類はそこに入れていました。

 飛行機にのるとき、機内食だと食べられるものが何もありません。なので、冷凍ご飯と納豆をお弁当箱に詰めていました。

 知り合いの自閉症児は毎日必ずカップヌードルを食べたがるそうです。それよりも、納豆のほうが身体にいいかも。

 日本の小学校の特学に入れたら、担任のA原先生が給食のとき、1対1で特訓をしてくださいました。その光景はもうヘレン・ケラーとサリバン先生そのもの。

 最後まで嫌がったのはシチューです。

 何度も食べたふりをして、頬をふくらませ、先生の目をぬすんで、ぺっとゴミ箱に吐き出してしまったそうです。

 今ではなんでも食べます。シチューとカレーが大好物。生野菜は好きではありませんが、ゆっくりゆっくり時間をかけて、食べてくれます。

 A原先生はホント、恩人です。

 ところが、それはそれとして、最近どうしても納豆を1度に2個食べたがり、いらいらしている様子。

 あるいは私がインフルエンザのとき、それと治った後も花粉症でつい咳をしてしまい、それにいらだっているのかも。

 他の人の咳は平気なのに、私の咳をすごくいやがり、ごはんを食べながら、耳をふさいだりしています。

 そして、やられてしまいました。

 洋服を全部ハサミで切られてしまったのです。

f:id:mmcompany:20190304025626j:plain

 体操着以外は全滅。

 私は「こんまり」メソッドが好きで、夫のも次女のも分けてわかりやすく、引きだしにたたんで入れています。それをご丁寧にひとつずつひっぱりだしたのでしょう。じょぎじょぎに切ってから、こんまりスタイルでたたんで中にもどしているので、発見が遅れてしまいました。

 しかたないので、裁ちばさみでざくざくカットして、15センチ四方の四角い布を何枚も作りました。これは使い捨ての雑巾します。いちいち雑巾を洗って干すのが面倒なので、古いいらなくなった布を常備しています。

 それとのびてしまった靴下も掃除のとき、隙間をふいたりするとき使います。これも使い捨てです。

 しかし、今回は量が多すぎて、引きだし2つからあふれてしまっています。

 あー、おちこむな。

f:id:mmcompany:20190304031611j:plain

 ともかくハサミを隠さなくては。

 言葉がないくせに、知恵はあって、簡単に場所に隠すと、見つけられてしまいます。

 だいたい隠したほうも場所を忘れてしまうので、夫と確認しながら隠します。・・・ところが、恐ろしいことに最近は2人とも、隠し場所を忘れてしまうのです。

 なので、ここに書いておきます。

 青っぽい冷蔵庫の上、お酒が入っていた木箱の中。

 折りたたみ式のハサミをいくつかもっているので、それだけを目のつくところにおいています。

 メーカーさん、自閉症の子がいる家庭のために、もっとさっと使えて、ハサミに見えないハサミを作っていただけませんか?象の置物で、シッポをひっぱったらハサミ、なんて商品がほしいのです。折りたたみはちょっと・・・・ 

 おちこんだので、朝日新聞の投書を読んでいます。

f:id:mmcompany:20190304025715j:plain