MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

自閉症児と騒音問題のお話

f:id:mmcompany:20190301150510j:plain

 もし自閉症の子がいたら、集合住宅はなるだけ避けたほうがいいと思います。
 どうしてもアパートとなったら賃貸がおすすめ。

 といっても、たいていの人が新築マンションを買いますが。(これは東条さちこさんの著作にも書いてありました)
 若いご夫婦の場合、とくに若い奥さんは新築にかなりこだわりをもっています。「絶対に中古は(家も車も)いやだ」という主張が多いようです。

 

(半年住むとどの物件も中古になるのでだけど)by 筆者の心の声

 

 友だちのところは新築のマンションに移り、なかなか自閉っこは新しい環境になれません。いつもお風呂でジャンプしていたら、底がぬけたそうです。
 でも、大丈夫。保険に入っていたのでちゃんと無償で修理してもらいました。

 

 (こういう保険はうちも新築のとき入りますから、得意分野ですw)by 筆者の心の声

 

 さて、自閉症児の騒音問題、この記事はとても参考になると思います。

h-navi.jp

 この記事の筆者の方、ブログにはずいぶんなコメントが書き込まれています。たしかに当事者以外にとっては人ごと、迷惑な存在でしかない。

www.tateishi-mitsuko.com

 うちは工務店なので、家全般のことを手がけています。が、とくに夫の得意分野は防音室です。
 防音室はただ音をシャットアウトするのではありません。そもそもベースのような低い音は完全には消せません。

 とくに楽器の練習室の場合、響きも大切なので、いろいろコツがいります。
 この分野で夫は日本一、という方もいるし、私もそう確信しております。

 

(そういうことをネットに書いたら、「うちもお金をかけないで防音してください」というメールが殺到したことがあります。あと本人、宣伝が嫌いなのです)by 筆者の心の声

 

  私自身その仕事を9年サポートしてきて、世の中には騒音はもちろん、ちょっとした音でも気にする人がとても多い、と気がつきました。

 四国とシカゴの現場が多いのですが、鳥の鳴き声でも怒る人は怒ります。これが大都会だとどうなっちゃうの?

 自閉症の子がいる友だちの苦労話を書いていたら、きりがありません。

 帰宅したらドアのところに、「うるさい」「でていけ」という紙が貼ってあったいう人もいます。
 子どもの障害を考慮して1階の部屋を選んだりしているのに、気にする人は気にするので、一つ間違えると大変なトラブルにつながります。

f:id:mmcompany:20190301150214j:plain
 シカゴでは自閉症どころか、子供が生まれたら郊外の一戸建てが常識になっています。日本のアパートほど音が響くわけではありませんが、ともかく日本と違ってチャイルド・アビューズ(幼児虐待)への対策が整っています。(写真はシカゴではなく、アイオワジョン・ウェインの生家です)

 なので神経質な住民がいると、赤ちゃんの泣く声を耳にしただけで、警察やチャイルド・アビューズ・センターに通報されてしまいます。その多くが、幼児虐待を疑っているわけではなく、ほとんど嫌がらせのため。
 
 1990年頃、私はミシガン湖に近いアパートを留学生の友だちとシェアしていました。シカゴカブスから徒歩圏内。

 遠くかすかに赤ちゃんの声がするだけなのに、夜中にドアをがんがん叩く住民がいて困りました。

 おそるおそるドアをあけると、中年の白人男性が怒った顔つきで立っています。チェーンごしに「うちは女2人だから、赤ちゃんはいません」と説明するのに、信用してくれないのです。
 ヒステリックにわめきちらし、「警察を呼ぶからな」と言って、本当に通報していました。
 
 何日かして引っ越すのを見かけたら、東洋人の夫婦でした。「ああ、私たちは間違えられたのね」と気がついた次第です。

 その後、郊外の一戸建てに移りました。一戸建てなら夜中にギターを練習しようと、外には響かないからです。
 ただ当時の夫は次女のことをうるさがり、「静かにさせて」と何度も活火山になりました。

 そのうち自分用のアパートを借りて、夕食と楽器の練習のときだけ帰ってくるようになったのです。(アパートの場所は隠していたので、たぶん浮気用。友だちには「女は絶対にやめられない」と言っていたそうです)


 次女が小学校3年生になったとき、私は福岡に自閉症の先生を見つけて、野球がオフになると、そこに通わせました。
 福岡県立香椎小学校の隣の小さなコーポ、いわゆるワンルームマンションを借りて、ロフトベッドをいれた仮住まい。
 6世帯のコーポだったけれど、他は二世帯しかうまっていなかったので、いつも静かでした。

 二階はなんだか面白いタットゥーだらけのアンちゃんが住んでいました。

 一人用のアパートなので、狭い玄関でたまたま一緒になり、まず私の母をみて挨拶。その後ろに私がいて、さらに娘がいて、その後ろにランドセルを背負った子がいるのをみて、「うわー」「あれ」「わー」と驚いたりしていました。
 ある晩、なぜか福岡県警が来て、二階でドタバタすごい音がして、それきり静かになり、会うことはありませんでした。(日本て本当に犯罪が少ないの?)by 筆者の心の声

 子供たちと一緒に父母に一緒に住んでもらい、私はシカゴで野球の取材をつづけていました。

 ある日、サイトで中古の一戸建てを見つけました。ここならコーポから徒歩圏内。松本清張「点と線」の舞台になった香椎浜と面しています。

 カブスの記者席から国際電話で内見のアポをとりました。

 次の週、下見に行くと、長女と次女はうれしいそうに笑いながら、くるくると1階の居間とキッチンを走りまわりました。

 「これ、ほしい?住みたい?」と聞いたら、長女が「うん、ほしい!サザエさんの家に似ているもの」。

 サザエさんのうち行ったことあるんかい?by 筆者の心の声

「ここならドラえもんみたいに、屋根の上で寝れるね!」

 え。そんなシーンあったっけ?by 筆者の心の声

 二階は2部屋、一階は6畳と8畳とキッチン。外壁には1か所、大きなひびが入っていました。震災の跡です。でも、これはお金ができたとき直せばいい。

 980万円だったので、シカゴの銀行から取り寄せ、一括払い。これは幸運でした。シカゴの貯金は全部、その後に夫が台湾にもっていってしまったからです。私の母の貯金も一緒。残していたら、これも持っていかれていたのでしょう。

 この家は塀のむこうが「香椎花園」という遊園地で、いろんな音がしました。でも、目の前が海だったので、ちょっと音がするぐらいのほうが気持ちは落ちついたようです。

 ちなみによく言われていることですが、自閉症の子は海をみると気持ちがおちつくようです。

 ただ花火大会のときは怖がって大変だったそうです。

f:id:mmcompany:20190228173532j:plain

 後年、賃貸にだしましたが、すぐに借り手がついたので、助かりました。