MM編集部とその周辺。

梅田香子のMM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

まだ東京で消耗しているの?をさらっと読んだお話

 出版社からの源泉徴収を整理しているところ。私の住所は東京の国分寺か、米国のシカゴになっているので、これを統一しなくてはいけませんね。

 仕事は旧姓でやっていますが、苗字は二度も変わっています。

f:id:mmcompany:20190203163236j:plain
 夫は愛媛県に家をもっていて、工務店を30年以上やっています。伊予県立農業高校の出身だけど、建築士の免許ももっているし、建築業者登録しています。

 音楽が好きなせいか、防音室を手がけることが多く、四国の左半分はほとんどの防音室に関係しています。
 なので、高知への出張も多いのです。狭い社会なので、噂もちらほら。

 でも、そんな他人のプライバシーはどうでもいいことです。私はブロガーをいいとも悪いとも思っていない。あまり関心がないので、詳しくありません。

 一度これを書いておこうと思ったのは、田舎暮らしをする際、農家でもないのに農業用、あるいは元農地だった土地を買うのは無謀だよ、という点です。

 たしかに四国だったら2千坪ぐらいの土地、子供のお年玉を貯めても買えるんじゃないの?

f:id:mmcompany:20190203163559j:plain

 それは持ち主がもてあましていることが多いからです。固定資産税は請求くるのに、家や別荘を建てるのが簡単ではありません。

 嫌になって手放そうにも、なかなか買ってくれる人はいません。面倒ですから。

  
 たまたま去年、モーニング連載の「カバチたれ」という漫画がこの問題をやっていて、面白く読みました。あれは参考になると思います。

カバチ!!!-カバチタレ!3-(22) (モーニング KC)

 ちょうど夫も新築の設計と施工を頼まれ、何度も市役所へ通い、行政書士さんの協力も得て、ほぼ1年かかりました。

 それぐらい「市街化調整区域」に家を建てるって大変な作業です。

 今回は親族だったから引き受けましたが、行政書士さんへの費用もかなりかかりました。許可をもらうには測量や図面も必要です。もし許可がおりなかったら、この費用は無駄だったことになります。

 水道や電気や下水をひく問題もあります。が、ともかく、この役所の許可がおりなかったら、違法建築となり、取り壊し命令がでてもおかしくありません。(実際にプレハブ小屋を建てただけで、取り壊し命令を出た例もあります)

 普通の住宅メーカーや工務店は断ると思います。

 じゃあ、農業の資格とればいいんでしょ、というような簡単な問題では、役所の書類はすーと進んでくれませんでした。

 市街化調整区域⇒市街化を抑制する目的の区域。例外的に(農家とか)建物の建築が認められることはありますが、一般の人が住宅を建築することは原則として認められていません。市街化調整区域内において例外的に認められる開発行為等は,次に掲げる都市計画法第34条各号のいずれかに該当する場合に限られます。

 なので、私はそういう土地の購入をすすめる気にはなれません。
 
 だって、中古物件は1千万円前後で、ごろごろ余っているのです。ちゃんと家を建てていい地域の土地付物件を買い、リフォーム代にぶちこんでもいいし、更地にして新築を建てても、5千万円なんてかかるわけありません。

 ↓松山で夫が建てた家です。アーリーアメリカン好き!

f:id:mmcompany:20190203164737j:plain

 東京の家が高いのは土地代で、家屋は大したことはないのです。

 私自身、田舎暮らしを夢みて、今でもいろいろ本を買ったりするのが好きです。福岡で950万円の中古を衝動買いしてしまったこともあります。

 愛読雑誌です。いいな、と思うことも、ちょっと違うよ、と思うこともあります。

田舎暮らしの本 2019年 02 月号 [雑誌]

 そして、私の持論。

 老後は田舎暮らしではなく、日本の地方都市での暮らしをすすめたいです。

 福岡、松山、広島、仙台、札幌。大都会ではありませんが、田舎というにも店や施設がそろいすぎています。
 
 東京は仕事するところ。でも、東京でいっとき生活するってのも楽しいのではないかなぁ。

 私は東京出身だから得した面がたくさんあります。たいした才能あるわけでもないのに、仕事や収集で困ったことありません。あと東京で暮らしていたから、米国中西部のカントリー暮らし(野良のリスが家のまわりではねています)や四国の温暖な生活を幸せだと感じています。

 国籍にこだわらず、地球人として生きていくつもり。

 日本にいると、本当に奴隷だった人たちの子供に、会う機会がないせいか、すぐに奴隷だ社畜だと騒ぎすぎます。

 五輪のボランティアが奴隷だったら、本物の奴隷が怒ります。やらなければいいのです。会社だってやめるのは自由。五輪はエアコンを聞いた部屋でのんびり楽しめばいい。こんな奴隷が世界中どこにいるんでしょう?