MM編集部とその周辺。

梅田香子のMM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

自閉症と納豆ごはんのお話

 楽天のポイントが今月いっぱいで2万円失効するというメールがきていました。

 なので、予算オーバーではありますが、炊飯器を買います。

 これがもう最近の悩み。

 自閉症の次女は米の飯+納豆が好きで、朝からすごい量を食べています。

 小学校3年生まで、納豆ごはんとフライドポテト以外、何も食べませんでした。昔は機内食も食べられるものがなかったので、納豆ごはんを冷凍でもちこんでいたほどです。

 それを日本のA先生が大特訓してくれて、なんでも食べられるようになったのです。とても感謝!

f:id:mmcompany:20190131164651j:plain

 この写真はシカゴのウィリスタワー。A先生は冒険好きなのですが、次女は怖かったようです。


 自分でよそうのはいいことだと思い、黙認してきました。が、最近はいくらなんでも太りすぎ。ケアマネからもヘルパーさんからも心配されて、白米は制限することにしました。

 1.おかずは野菜中心で、量は増やす。

 2.私はキッチンの床に寝て見張る。

 昔も家を勝手に飛び出してしまうブームがあり、そのときは玄関ドアの前で私は寝ていました。

 そのときそのときマイブームがあって、自分の頭をガラスにぶつける、公共の場で服をぬぐ、アイホンを歯でかんで割る、髪の毛を根本からざっくり切る。

 不思議なことにマイブームはいつも1つ。1つのブームが終わると、次のブームがはじまるのです。

 次女は私がいるとご飯を一杯しかよそわないのに、トイレに行った隙にもう一杯、こっそり食べようとしたので、叱ったらもう怒った怒った。

 だだだだ・・・と2階にあがって、バーンと乱暴にドアをあける音がしたので、いやな予感。

 寝ていた夫が起きてきて、「いきなり殴られた~」とのこと。

 血がつながっていないパパなのに、10年も生活費の心配がない生活させてもらっているのに、ホント申し訳ない。

 もともとは星野仙一タイプで、ケンカっぱやい人だったそうです。でも、子ども好きなので、次女から殴られても蹴られても、ぐっと我慢してくれます。(彼を昔から知る人は、私のこと”猛獣使い”と呼んでいます)

f:id:mmcompany:20190131165145j:plain

 だいたい夫はゴリラだから、バナナをあたえたら、すぐ静かになるのです。


 話を炊飯器に戻します。今の炊飯器だと「飯がうまくない」と言うのは夫の意見です。私は内心、今よりお米がおいしくなったら、次女の食欲が倍増してしまうようで、不安でしかたありません。

 でも、他に買うものもないし、失効はもったいないので、買うことにします。

 夫は最初「えー、炊飯器に5万円か!シカゴの冷蔵庫代じゃないか!」と言っていましたが、ポイントのことを説明したらニッコニッコ。「炊飯器はミシンの下に隠すとか、どうかな?」

 前にもそんなことをやりましたが、自閉症とはいえ、知能はあるので必ず見つけるんですよ。

 シカゴでは外のガレージに第2の冷蔵庫をおいて、そこに納豆だけ貯蔵していたこともあります。

 というわけで、すったもんだしましたが、炊飯器は購入することにしました。