MM編集部とその周辺。

梅田香子のMM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

シカゴの冬と塩のお話

f:id:mmcompany:20190131134319j:plain

 一家にひとつふたつ3つは買い置きがある、アイス・メルト!雪がふった日のための塩です。

私「これ日本にも売っているといいのにな」

夫「あほか。こんなん道路にまいたら、車がさびて、わややで」

私「そういえば、ボルボのバンパーがよく道路ひきずるから、何年かおきに買い替えてたっけ!」


シカゴの夜景

 ネットニュースのおかげで、急速に広まっているようです。シカゴの冬の寒さは今にはじまったものではなく、対策もそれなりです。
 とくに雪対策はお見事!

 だいたい夜ふっても朝には主要な道路から雪がのけられ、塩がまかれ、普通のタイヤでも走ることができます。

 お隣がそういう市からの請負業者で、息子と2人、夜中に出動していました。それもそのはず過去、雪対策が遅れたシカゴ市長は誰も再選されない、と言われ、本当に落選しているからです。

 当選確実といわれた現市長が、選挙前の大雪で対策に遅れ、落選したことも。
 今のシカゴ市長はラーム・エマニュエルで、オバマの片腕で、いずれは大統領選と噂されています。

 シカゴでは4年に一度ぐらい寒い冬があると言われ、ものすごく寒い日があります。
 
 とはいえ、車社会なので外を歩く機会が少ないのです。報道の記者席はあまり遠くなく、NFLのベアーズで80メートルぐらい、NBAのシカゴなら50メートルかな、歩くのは。

 マイナス20度をこえると、寒さが歯ぐきにしみるので、もくもくと黙って歩きます。目にしみて頭痛がするという人もいます。シカゴはもともと風が強いので、ふぶきになると50メートル歩くのが困難、雪山で遭難する人の気持ちがわかるような気になります。

 私は寒さが苦手なので、記者席に飛び込みますが、アメフトの試合はシカゴではドームじゃありません。ファンはビールを飲みながら応援しているので、いつも驚かされます。

 こんなに寒いのにシカゴは夏の五輪に立候補して、プレゼンで東京に負けたことがあります。山がないから冬の五輪は無理なのです。スケート場はつくれますけど、山は作れませんからね。

 真夏は40度近くなります。まあ、オリンピックには向いていませんね。

 夏休みが長いので、公立学校にはエアコンありません。

 保守的なスポーツ愛好家が多いので、ドーム球場を望む声もありません。

 さて、ちょっとここ数日、頭をかかえてしまうできごとがあり、めげる気分がつづいているのですが、暗い話は自分の中で昇華しきってから、書きます。この関連。

www.turtlewiz.jp

 

http://zenjisyakyo.com/data/40koetatyousa.pdf

 

www.sciencemag.org

 生きていくってしんどいよな!これは亡くなった永谷脩さんの言葉。私がもっとも尊敬しているジャーナリストの一人です。

 永谷さんは小学館の「あぶさん」で担当編集者だった人。独立して会社つぶして、フリ―ランスになり、私はいろいろ教わりました。

 「あぶさん」と「ドカベン」は私の人生のバイブルで、ほとんど全文暗記していました。

「あぶさん」完全データブック―漫画「あぶさん」のエンサイクロペディア

 運動はオリンピックをめざす人以外にとっても、大切。何かやっておいたほうがいいですよ。お年寄りは障害者にとっても、大切です。アメリカみたいに車社会になると、スポーツジムに行くなりしないと太ります。糖尿病がものすごく多いのです。