MM編集部とその周辺。

梅田香子のMM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

ニューオリンズ・ジャズ・ヘリテージ・フェスティバルのお話

f:id:mmcompany:20190129033802j:plain
 ニューオリンズ・ジャズ・ヘリテージ・フェスティバルは毎年4月の週末から5月1週目に週末にかけて開催されます。昔はぶっつづけで1週間あったと記憶していますが、今は平日はなし、2週つづけて週末だけ。これは町全体が観光業で潤いますから、いいアイデアだと思います。

 この動画は雰囲気だけ。競馬場が丸ごと会場になっているので、ともかく広いのです。ジャズだけではなく、ゴスペルやブルースを1日中、演じているステージもあります。


ジャズフェスティバル

 友だちと今年も行くかどうか、迷っていたところ、ローリングストーンズが出演が発表されました。ちょうど全米ツアー中なのは知っていました。あーあ。これはホテルも混みそう。

www.nojazzfest.com

 彼らが出場する5月2日だけ、入場料金増し。185ドル+もろもろ。まあ、スタジアム・ライブよりは安いけれど、他にもサンタナ、アル・グリーンとすばらしいミュージシャンがでる伝統のフェスティバルなのに。公式フェイスブックのほうもたくさん厳しい意見がついています。

www.tripadvisor.jp

 「矢沢栄吉は好きだけど、矢沢のファンは大嫌い」と言ったレコード会社のディレクターがいました。
 私は別にそこまで音楽に詳しくはないけれど、ローリングストーンズのファン・ツアーとか評論家とか、どうも人間関係が苦手です。

  ストーンズはツアーのときシークレットライブをやるそうです。1997年のシカゴはダブルドアというライブハウスで、当日まで秘密は見事に守られました。わかってからが大混乱。

 日本のファン気質は独得で、宗教団体になってしまうというか、異論反論は一切許さないところがあり、ストーンズのファンもそれ。うちに泊めたこともあるのですが、息子が未成年なのに勝手に車を運転されてしまい、おっそろしかった!妊娠がどうこうとか、不倫相手の名前がたまたま私と同じで勘違いされて、知らない奥さんから怒りのファクスが届いたり・・・大変でした。

 さて、夫の友だちも熱狂的なファンがいて、「ストーンズを好きじゃない人間とは付き合わない」と明言してしまう友人もいます。まあ、半分冗談なんでしょうけど。だって夫はストーンズが大嫌いなのです!言わなくてもいいのに、それを言ってしまう。まあ、私も似たような性格ですが。

 ただ「キャデラックレコード」という映画に、若き日にストーンズたちがマディ・ウォーターズを訪ねてくるシーンはわりと好きです。

キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]

 野球場はクイーンやストーンズの曲がかかることも多く、「ミスユー」はいい曲だな、と思います。また、これを言うとすごく怒る人たちがいるのですが、私とは関係ないやん。やっかましいわ!またこれは違うときに。

 それと村主章枝さんが滑った「Paint it black」はすごく好きなプログラムでした。