MM編集部とその周辺。

梅田香子のMM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

国籍とスポーツのお話

f:id:mmcompany:20190127182703j:plain

 私の子たちは二重国籍で、今のパパは戸籍上は養父になります。

 大坂なおみ選手はともかくチャーミングなので、スポーツに関心がない夫も「えらく、かわいい子がでてきたものだなぁ!」と応援しています。
 内心は二重国籍に無関心ではない、というのもあると思います。もともとブラックミュージック好き、映画も邦画しかみません。大坂なおみ選手のファンはこういうタイプが多いようで、あまりスポーツに関心なかった人たちも惹きつけているようです。

 54歳までずっと平凡な愛媛県人、棟梁大工として生きてきたのに、私と出会ったことで、いきなり二重国籍児のパパに。そのことでグリーンカードを取得できると知ったのは、ごく最近のこと。


 それはもう、いろんなカルチャーショック&事件がありました。姑が老衰で自宅死したとき、刑事さんが家族構成を聞いて、あきれはてたほど。

 10年前、知り合ったとき、夫はすでに調停離婚して10年め、私は前の週に調停離婚したばかり。
 大正生まれの姑と2人暮らし。前の奥さんは近くの実家に住んでいて、4人の子供はそちらに住んでいました。ときどきバーベキューとか、うちに来たし、長男は社員なので結婚するまで、三食うちで私がつくったものを食べ、お弁当ももたせていました。

 養育費とは別に学費、その他いろいろ、経済的な負担はすべて払っていたので、税務上は扶養です。つまり元の家族全員、自分の母親、それと私たち3人。

 昔気質の夫はいろいろ複雑な思いがあるらしく、私の収入を聞いたことがありません。出張が入ると「ふーん」という感じ。

 もともと旧姓で仕事をしていたので、郵便配達は混乱してしまい、何度も苗字のことを確認されました。悪いことに愛媛では多い名字で、すぐ近所にもいらっしゃるのです。混乱しているようなので、ポストに貼っておきました。英語でも届くので、「このうちは外国人がいらっしゃるんですかぁ?」とか。はい、二重国籍がいますよ。
 
 姑も若いとき離婚したので、苗字が違うし、年金はないし、テレフォンショッピング好きで、二部屋が天井までうまっていました。長男の夫が当たり前のように養い、中学の頃から新聞配達やら墓堀りやらバイトしていたようです。

 私は一応は東京育ちなのですが、アメリカ暮らしのほうが長く、クリスティ・ヤマグチとかダン・ワカマツとか長洲未来とか、今まで日系アメリカ人の存在は気になり、何度も取材してきました。血のつながりとは不思議なもので、やりやすかったというのも本音です。

 なので、二重国籍のことになると、必要以上にかっかしてしまう部分があります。大坂なおみ関連の社説とか、コラムとか、ついつい他人ごととは思えません。

 が、フィギュアスケートの新女王、アリサ・リュウの記事には心が溶けてしまうような清涼感を覚えました。以下はザ・マーキュリー・ニュースからの引用です。

www.mercurynews.com

「私は他の子とちょっと違うところが好きです」
 小さいときから自分が他の子と違うことに気がついていました。
(そりゃそうです。
 アメリカは離婚家庭が多く、2人のママがパパをはさんで、スケートの試合を観戦するのは珍しくありません。
 でも、5人の子供をもつシングル・ファーザーは珍しいと思います)
 アリサには妹と三つ子の弟2人と妹がいます。

「ダディ・なぜ私は外見が違うの?私は中国人ぽくない」

 彼女が10歳になったとき、父親はついに説明します。
「きみにはバイオロジカルな母と、サロゲートな母がいるんだよ」

 このバイオロジカルという英語は子供でもよく使います。「生物学的な」という意味で、私でも、19年結婚していた前の夫のことは「バイオロジカル・ファザー」と普通に言います。生物学的には親かもしれませんが、子供たちに何もしていませんからね。サロゲートはいわゆる代理母のことを言います。

 アリサの父親は中国から移民で、1989年の天安門事件の後、中国を去りました。それまでは中国の南西部の大学で英語を教えていたそうです。
 今も彼の家族は四川省の重慶で暮らしています。

 カルフォルニア大学で勉強して、弁護士になって5人の子供を育てる。

 なんかもう素晴らしいと思いませんか。アリサが中国系なのかどうか、そんなことはどうでもいいという気持ちになります。
 はっきりしているのは、アリサはアメリカで生まれ育ち、ゴージャスな才能の加えて、日々の努力を積み重ね、全力で生きているということ。

 戦前、稲田悦子先生の時代は日本人でもヨーロッパ選手権に出場することができました。それで誰にも迷惑はかからなかつた。
 国籍なんてものは結局、法律上の手つづきにすぎない、一部の大人だけがごちゃごちゃ知りもしないのに、勝手なことを口にしているだけなのかもしれません。