MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

おすすめステーキと焼き加減のお話

 家の中を片付けていたら、ジョーダンのレストランで買ったスパイスが見つかりました。これはもうさすがに古いかな。 

f:id:mmcompany:20190112143109j:plain

f:id:mmcompany:20190112143113j:plain

f:id:mmcompany:20190112143132j:plain

 若いときから試合開始の前後、東京ドームや名古屋球場の記者席で夕飯をかっこんできた私。たいていの人があきれるほど、早食い。報道の仕事をしながら、障害のある子を育て、ゆっくり食べる人がいたら、お目にかかりたいものです。

 これはもう無意識なので、最近は意識してゆっくり食べるようにしています。なのでグルメライターにはなれません。

  外食は嫌いじゃありません、でも、障害児がいるとトラブルが多く、家でご飯を作るほうが気楽なのですよ。これはもはや哀しいサガ。

 

 さて、アメリカでまず失敗がないステーキ屋さんを紹介しておきます。

 チェーン店なので、あちこちにあります。

 安っぽい店ではありませんから、家族のお祝いにはぴったんこ。

 この日もたまたま友人が誕生日だったので、それを言ったらサービスでアイスクリームのケーキがでてきました。

www.outback.com

 

f:id:mmcompany:20190112143529j:plain

 この写真はラスベガス店です。 

 シカゴの家の近所にもあるので、そこもよく行きます。リブアイかフィレを頼みます。大きさは女子なら8オンスから12オンスを選べばいいと思いますよ。 

 私は血の滴るようなレアがいちばん美味しいと思うのです。やわらかいから、歯にも負担が少ないと思うし、肉の味がジューシーだし。

 でも、ステーキの焼き加減なんて、好みは人それぞれですよね。

 welldone  しっかり焼いてほしい。絶対に赤いところが嫌だったら、very very well doneといいましょう。

 いちばん無難なのは、medium-rareかな。

 さて、長女のお気に入りは最近アウトバックではなく、ロングホーンという店に変わりました。これもシカゴの家から近く、アウトバックよりやや高めで、上品かな。どちらも好きなのです。

https://www.longhornsteakhouse.com/home

f:id:mmcompany:20190112143614j:plain

 

www.youtube.com

 日本からスポーツ好きのお客がきたら、マイケル・ジョーダンのステーキハウスも行くことがあります。ただ、昔のジョーダンレストランみたいに店内がジョーダングッズで装飾されているわけではありません。あそこはオープニングにも招待してもらったし、イチローや野茂は行列を苦にせず、楽しそうにしていたっけ。

 マイケルはもともと味とか食事にこだわるタイプではなく、栄養士兼専属トレーナーが用意するものを試合時間にあわせて規則正しく食べるほうです。なので、ブルズの選手は「シカゴカルビ」で韓国焼肉に挑戦したりもしていますが、ジョーダンがあそこに行ったという話は聞いたことがありません。

 日本人大リーガーはみんな「シカゴカルビ」は行っていますよ。

mjshchicago.com