MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

謙遜は絶対よくないというお話

f:id:mmcompany:20181228222204j:plain

ウェディングドレスを縫っています

 美輪明宏さんの著作で、正と負の法則が世の中にあるという話を読んだことがあります。なんというタイトルだったかな。

 あの言葉はぐさっと胸に突き刺さりました。同時に納得もいきました。
 

 

ああ正負の法則

ああ正負の法則

 

 


 私はスポーツライターの仕事が大好きなのに、いつも足かせみたいなものを感じていました。
 「女なのに」からはじまって、「結婚しているのに」「子供がいるのに」「障害のある子どもがいるのに、どうして?」と。なんかもう質問攻めにする人とたまに会うのです。
 男の人みたいに気持ちよく、なんの心配もなく、仕事に没頭できたら・・・と感じない日々はありません。


 でも、そこは正と負の法則。そういう負い目があったから、私のような凡才はかえって仕事の運がまわってきたのかも。
 というのも、わかりやすい例が私の母。専業主婦で生きてきた母はスポーツライター業には最初から反対でした。賞もらっても、本がでても、「がんばったわね」と褒められたことは一度もありません。


 私の場合は前の結婚が19年間、経済的にはシングルマザーだったので、母は早い時期に離婚をすすめましたが、その一方でいつも助けてくれました。このことは感謝しています。一生の恩。母の存在がなかったら、スポーツライター業はつづけられませんでした。

 私も妹たちも勉強はぱっとせず、学歴は高くありません。が、家事能力は高いほうだと思います。
 なので、妹たち2人もそれぞれ2人の子供をもち、都内に持ち家もあり、ときどきは家族で海外旅行も楽しんでいます。

 父より母の影響が強いです。母は私たち3人の結婚のときドレスを縫ってくれました。


 子供が生まれてすぐ、メジャーリーグのストライキが終わって途方にくれたとき、


「仕方ないから仕事しなさい。飛行機代をだしてくれたら、いつでも付き合うわよ!」

 

という言葉がどれだけ心強かったことか。そして、実際どれだけ助けてもらったことか。保守的な父(故人)も私のためならとアメリカに母を送り出してくれたのです。それが母にはうれしかったようで、私が出張から戻ると英語もできないのに、あちこちでかけていました。

 ただ今の結婚だと夫が私の収入に頼るところがありません。


 なので、母の「大反対病」が復活。私がちょっとスポーツ新聞にコメントしただけでも、こんな手紙を送ってくるのです。

f:id:mmcompany:20181228220939j:plain

f:id:mmcompany:20181228220956j:plain


 傷つきますよ。がんばるのは自分勝手で、家族は迷惑だと。「がんばれ」なんて親から言われたことはありません。


 なので、昔から強く心に決めていました。私は自分の子供たちは、ほめて育てよう。やりたいことがあったら、「がんばれ」といつも言うようにしました。

 英語ではこういうとき便利な言葉があります。
 I am proud of you!
 ぜひ皆さんもこの言葉を使ってください。


 失敗談があります。日本でスケートの試合に出るようになったころ、「上手ですね」と言われると、つい謙遜で「うちの子なんて全然だめですよ」と言ってしまいました。


 長女は「ママはひどいことを言う!」と帰りの車で大泣きだした。


 アメリカ育ちなので日本語は片言しか理解できていません。なので、「謙遜」を説明すると、どんどん泥沼化。ましてや謙遜なんて文化も習慣もないのです。あとはもうひたすら謝りました。

 でも、何年かたってからも、「ママは本当にひどい」とこのことは根にもっていました。バイリンガルじゃなくても、「謙遜」は幼い子供を深く傷つけるようです。

 学習塾でもフィギュアスケートでも、よくできる子はたいてい親がほめ上手です。厳しく叱ってもあとのフォローが必ずあります。正と負のバランスがとてもうまくとれているのです。