MM編集部とその周辺。

MM Journal ぼこぼこ場外乱闘編

「えむえむサロン 発達障害も語ろう」は非公開無料サロンです。興味のある方は障害があってもなくても、フェイスブックから簡単な自己紹介を添えて、「えむえむサロン希望」と気軽に申請してください。

こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

ブッシュ大統領の驚くべき話

 父と息子。息子のほうは大統領になる前、2回インタビューしました。

 というのも、ブッシュはテキサス・レンジャースのオーナーだったからです。

 最初はノーラン・ライアンがらみ、2度めは1995年のオールスターゲームのホストで、先発投手に選ばれたのが野茂英雄だったためです。

 アーリントン・スタジアムの中のオーナー室で、テレビ用の取材だったので、あたりさわりなく、上品にw

 部屋は広く、シャワー室もついていて、ドジャースのピーター・オマリー会長の部屋そっくりでした。

f:id:mmcompany:20181206122136j:plain
 昭和史おたくとしては、むしろ父親のジョージ・ブッシュのほうに興味もっています。

 たまたまこの「私の昭和史」という本を読み、夜中だったので怖くて眠れなくなり、娘のふとんで添い寝したことがあります。

 この本には父島沖でブッシュが助けられるシーン、父島での人肉事件、学校の先生が戦犯として連れていかれた体験など、それぞれの証言者の言葉がリアルに綴られています。

www.amazon.co.jp

f:id:mmcompany:20181206185124j:plain

f:id:mmcompany:20181206185131j:plain

  1944年9月2日、振分山の第一砲台からの一発が、アドベンチャー機“バーバラ”号の操縦席の下部後方に命中しました。

 バランスを失った機から尾翼が外れ、火の塊になって山頂をかすめ、湾内に落下していく。

 パイロット2人が外に脱出したものの、パラシュートが尾翼の破損部分にひっかかって開かず、宙吊りのまま機と共に落ちていきます。

 懸垂するような恰好で体を吊り上げたり、足をばたばたさせたり、パイロットたちは必死です。海面より目測150メートルぐらいのところで、一人はやっと紐がはずれ、パラシュートが半開きになります。

 機体から50メートルぐらい離れて、海面におりたパイロットは夢中で泳ぎだしました。海軍の「ダイハツ」がそれを追う。アメリカ軍は一斉攻撃でパイロットをかばい、別な飛行艇がパラシュートを投下。それがぱっと開いて、ボートに早変わり。

 パイロットはそこまで泳ぎ、オールを使って漕ぎはじめます。そこへ潜水艦が浮上。ささっと救助すると潜航しながら、硫黄島方面に消えていきました。

 これを見ていた日本兵が寄稿しています。

 私は八ミリで撮影する余裕があったことに驚きました。 

 

 85歳の誕生日、スカイダイビングしています。

www.youtube.com

 パパ・ブッシュの回想によると、バーバラ機は3人乗りでした。あのときコックピットが炎に包まれ、同乗者の死を確認できないまま脱出したこと、もう一人は脱出したものの、パラシュートが開かず、戦死したこと。

 他にも4機が撃墜されていて、8人の米軍兵士捕虜のうち5人が処刑されています。

 この本によると、藤井指令から、

「おまえたちが今食った味噌汁には、戦意高揚のため米兵の肉を入れた」

 と聞かされ、おもわず吐いてしまった者が大勢いたそうです。

 

 人の運命ってわからないものです。湾岸戦争の年、パパ・ブッシュが大統領だった時代、私を含め長洲未来ちゃんのご両親とか、たくさんの日本人がグリーンカードを取得しました。(了)