MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

2005年のなんだか豪華な夏休み

 アメリカの夏休みは3か月と長いのです。なので、お金がかかる~という悲鳴があちこちから聞かれます。

f:id:mmcompany:20181115220050j:plain

 
 経済的にはシングルマザーだったあの頃、私は万年寝不足でほとんど記憶に残っていません。たまたま2005年の写真が古いパソコンからでてきました。

・・・なんだかずいぶんと濃い夏だったみたいです。写真をみると・・・。

f:id:mmcompany:20181115220137j:plain

 まず長女は10歳。だいたい毎年、いちばん近いスケートリンクで開催しているサマースクールに申し込んでいました。これはプールつきで1500ドルぐらいだったと思います。プライベートレッスンは別料金ですが、オレグ・ワリシコフのグループレッスンはそこに含まれていました。ロシアの金メダルペアです。後にソルトレイク五輪で金メダルをとるタチアナ&トトマリニア・ペアも同じリンクでした。

f:id:mmcompany:20181115220234j:plain

 ロシア代表のビクトリアもいました。

f:id:mmcompany:20181115220324j:plain

 村主姉妹もオレグに習っていました。

f:id:mmcompany:20181115220456j:plain

 なので、写真もなんだかゴージャスです。私はほとんど毎試合、野球の試合を取材していましたから、間の野茂英雄や田口壮の写真もはさまれています。アイホンはまだありません。仕事なのでちゃんと重たいデジカメとノートパソコンを持ち歩いていました。

f:id:mmcompany:20181115220829j:plain

 外野にいるのは井口資仁と野茂英雄です。そういえば、村主章枝さんが見に行った試合で、井口が大リーグ初ホームランを打ったのは、この頃のことかな?

f:id:mmcompany:20181115221112j:plain

 

f:id:mmcompany:20181115220941j:plain

 このとき、次女は7歳。自閉症の疑いがでて、スペシャルニードの学校に通っていました。
 自閉症の専門医に行ったところ、「バイリンガル環境で言葉が遅れているだけではないだろうか」という意見もありました。
「自閉症かもしれないから、犬か馬かイルカを飼いなさい」と大真面目に言うのです。

 次女は自発語はありません。横にいた長女は大喜び。「わーい、私、いるかちゃんがいい」
 
 却下!

f:id:mmcompany:20181115221750j:plain

 人生最大に悩んでいるとき、送迎でスケートの練習を見ることで、かなり救われたと思います。うちにホームステイしている選手たちの頑張りにも、励まされました。何より長女はずいぶんと刺激を受けたようです。

f:id:mmcompany:20181115221445j:plain

 秋、一人で日本に行く長女は今みると、機内持ち込みのバッグにぬいぐるみばかり詰め込んでいます。それだけ心細かったのでしょう。

 この年はシカゴ・ホワイトソックスがワールドシリーズまで行ってしまったため、子供たちにはほとんどかまってやれませんでした。反省。記者席に長女が涙声で、「ママ、私、東京ブロック1位みたい」と電話したきたことは覚えています。

 この夏を最後に、私たちの家族は崩壊していきます。私にとっても長女にとっても、もう自殺するしかないかも・・・というピンチに追い込まれるのです。当時の夫は台湾に去り、銀行口座はパー。家や2台の車の権利書も持っていかれます。

 でも、あの幸せだった夏の喜び、それから強く生きるということ、東京ブロックでのひとつの結果、そうしたものが今にして思えば、支えになってくれたのだと思います。フィギュアスケートとの出会いにはそういう意味で、とても感謝しています。

f:id:mmcompany:20181115221639j:plain