MM編集部とその周辺。
こちらはMMジャーナルの番外編。スポーツライター梅田香子のブログです。スポーツ以外のこと、バイリンガル子育てや自閉っ子との生活や旅行の日々を綴っています 。

バイリンガル長女のお仕事

 朝5時に起きて、お仕事中の長女です。

 もう店が写真アップしたから、よいでしょう。 

f:id:mmcompany:20181106135301j:plain

 自分は野球にまったく興味ないものだから、シャッターをおしただけw なので、写真にはうつっていません。(おいおい!)

 私の娘たちは2人とも、シカゴ生まれのシカゴ育ちです。

 正直な話、長女は中日ドラゴンズのコネで、福岡第一高校に入りましたwww 

 

 星野監督のマネージャーHさんが福岡出身で、「ドラゴンズの枠が一人あるから、福岡第一に話をつけた」「でも、うちのは女だし、野球はできません」「大丈夫。入学してみたら女だったから、フィギュアスケートやるってことにすればいいから」
 とまあ、「勝利投手」を読んだ人しか、わからない身内ギャグで、申し訳ないです。作りかけですが、

東映アニメを見たい方はこちら↓

「勝利投手」資料室

  

 さて、福岡第一では、OBの陽岱鋼をとおして、ダルビッシュとはフェイスブック友だちだったみたい。自分のクラスメートにいとこの張奕(現オリックス)がいましたから、梨田監督の焼肉屋に行ったりしていたようです。。
 
 ちなみにこの写真にうつっている人たち、普通に自分より背が高いそうです。

 長女は小学校も中学校もたった一人の日本人。次女は障害児なので別な学校でした。 

 パパは高校入試の頃、台湾人と駆け落ち。なんだか私の不徳で苦労させてしまいました。

 あのとき日本のフィギュアスケートの先生やお母さんたちに助けられなかったら、ぐれてしまっていたでしょう。

 本人いわく、「気持ちぐれたかったけど、あのときはまだ日本語がそれほどできなかった」
 
 高校では2つも3つもバイトして、家計も助けてくれました。再婚のときも応援してくれたし、頭があがりません。

 今も3つ仕事をしているのですが、メインは米国認定フィギュアスケート・インストラクター。

 「私も由美先生や歌子先生みたいに、生徒をいつか世界の試合に連れて行きたい」と早朝から頑張っています。

f:id:mmcompany:20181030133131j:plain

 
 日本語能力も本人いわく、「もうニッポン人と同じぐらいできる。むずかしい漢字の言葉もたくさーん覚えた」
 
 私「ふーん、じゃあ、知っているいちばん難しい漢字の言葉は何?」
 
 長女「観葉植物とかね!」

 私「・・・・」

 あとこんなラインも。20才すぎても、私の職業を理解してくれないのね。昔から、「ママって野球の試合もらって、どこからお金もらっているの?」と言ってましたからね。説明しても、興味ないらしく、聞いていません。頭の中はどういう練習をさせたらトリプルが飛べるのか、そんなことでいっぱいなのです。

f:id:mmcompany:20181106135745j:plain