MM編集部とその周辺。
スポーツライター梅田香子の日常を日本語でメモ代わりに綴ったものです。

バイリンガルのハロウィン

f:id:mmcompany:20181101045555j:plain

 もう大人になってしまったので、ハロウィンどころではないらしい。
 昔はこんなパンプキンを作ってくれました。
 でも、家の外に並べておいたら、リスたちに食べられてしまいました。

 日本では大騒ぎになっているようです。
 しかし、企業戦略というか、洗脳されやすいというか・・・。日本でハロウィンがこんなに広まるとは驚きです。

 というのも、10年ちょっと前、日本ではハロウィンまったくなし。

 所沢の妹一家には、うちと同じ年のRがいます。日本語がたどたどしい私の長女と、こんな会話をかわしていた記憶があるのです。

 

 長女「私ね、ハロウィンでおひさま(お姫さま)になったんだよ。Rちゃんは何になったの?」

 R 「えー?ハロウィンてなーに?」

 長女 「あのね、おひさまの恰好して学校に行くの」

 R 「ああ、おひめさまの恰好?七五三かあ」
 
 長女 「へー、七五三ていうの?日本では」

 R 「そうよ。七五三ていうのよ、日本では。七、五、三」
 
 長女 「そっか―、七五三かあ。seven, five, three!」

 

 全然ちがうやろ。

 つっこみどころが多すぎて、どこで訂正していいのか、わかりません。

 ちなみに当時、妹夫婦は新築マンションを買ったばかり。

 長女は「Rちゃんの家はいいなあ。大きくて」としきりに感心していました。

 半年ぐらいそんなことを言いつづけ、

 「Rちゃんちは窓も廊下もたくさーんたくさーんある。エレベーターもある。私のうちはない」

 なんて言うので、

「もしかして、まさか、あのマンション(百世帯ぐらい)丸ごとRちゃんの家だと思っている?」

 と聞いたら、鳩が豆鉄砲をくらったような顔。

「え、違うの?」

「やーね、Rちゃんの家はあの3部屋よ」

「やーん!どこに寝るの?」

 というのも娘は中西部のカントリーガール。シカゴの郊外の町なので、アパートはほとんどありません。

 小学校のクラスメートたちの家にお泊りすることもありました。

 高級なアパート住まいはなく、皆うちと同じような作りの一戸建てばかり。高層ビルがあったのは、ダウンダウンだけです。

 庭にはリスがはねまわっています。ときどきはスカンクやシカもでます。

 なので、日本にくるまで電車に乗った経験がありませんでした。

 見る者聞く者が珍しかったようです。

 長女は健常児ですが、自閉症の次女と2人して、渋谷の交差点ではうわーんと泣きだし、困りはてました。たくさんの人が背広を着て歩いているのを見たことがなく、怖かったそうです。

 今は米国認定のフィギュアスケートコーチとして、アメリカや日本のスケート場を飛び回っています。

f:id:mmcompany:20181030133131j:plain

rakuten:azumasyouten-babyplus:10000160:detail